マレーシアの言語事情が生んだマングリッシュ・ソング

マングリッシュとは、マレーシア英語のこと。MalaysiaとEnglishを合わせた造語です。


マレーシアの民族構成は、
マレー系(少数民族含む)67%、中華系25%、インド系7%

大きくマレー系、中華系、インド系の3民族がいるマレーシアでは、家庭では各々の民族の言葉を使い、学校では公用語であるマレー語、それからマレー語とともに民族間のコミュニケーションに広く使われている英語を学びます。

というわけなので、最低でも、マレー系住民は2つ、中華系・インド系住民は3つの言葉を使うようになります。

もちろん個人によって得手不得手があるので、だれでもペラペラと英語を話せるというわけでもありませんが。

小さいときからこの多言語環境で育っているので、マレーシア人の言語感覚はとても優れていると思います。英語の能力はアジアの中でトップクラスとか。

 

で、この環境で生まれたのがマングリッシュという言葉。

言語感覚が優れていると言っても、普通の人が日常で交わす会話での英語の文法などはかなりいい加減です。

それに、英語で話しているはずなのに、時々マレー語の単語が入ったり、中国語からきた言い回しが入ったり。さらには文法もマレー語と英語が混ざっていることもあります。

マレーシア人が自分たちが話す英語について、こういうテキトーな文法や言語のちゃんぽん状態をやや自嘲気味な意味を込めて呼ぶときにマングリッシュと言っています。

しかし、マングリッシュをあなどってはいけません。しっかりと通じています。彼らの間では。

小さいときから多民族、多言語環境で育ったマレーシア人は、会話の際に文法の正確さなどより、なによりもコミュニケーションをとることを重視してきたので、こういう話し方になってきたんだと思います。

 

こういう背景があるので、マレーシアは英会話を始めたい日本人におすすめだとよく言われます。

たしかに、実質的なコミュニケーションを重視する彼らは、こちらがどれだけ下手な英語で詰まりながら話していても、真剣な顔をして意味を汲み取ろうとしてくれます。

それで、意味がわかってもわからなくても、とりあえず何らかの反応を返してくれます。

きっと彼らも言葉のことでは子供の頃から色々苦労してきたので、そういう思いやりがあるんでしょうね。

 

こんなマングリッシュをわざと強調した歌詞の”Kantoi”という名前の歌があります。

Zee Aviという女性シンガーの曲で、もう10年ぐらい前の歌ですが、マングリッシュの意味がよくわからなくても、ウクレレの素朴な伴奏でなかなかいい感じの曲です。

若い女性が恋人の浮気のウソを見破ったが、結局彼女もその男性の友達とデキてしまっていた(?)、、、という、マレーシアの現代の若者を描いた歌です。

Googleで”kantoi”で検索すると一発ででます。字幕つき。iTunesでも歌詞付きで売ってました。


カラフルなPVC(ポリ塩化ビニル)の幅広の紐で編んだかごバッグ。
マレーシア、ボルネオ島のペナン族の伝統に裏打ちされた複雑で緻密な編み方で、実用性もしっかり確保されています。
Penan族のかごバッグについての解説はこちら、ショップはこちらです。
旅行に行って買うのが困難な今、海外旅行気分でひとついかがですか?

十万年も宇宙を放浪してきた彼らの目的は何なのか?
¥499- @amazon
¥0- kindle unlimited会員の方
どちらもkindleアプリでスマホ、タブレット、PCで読めます

 

 

 

マレーシアの猫

犬の写真は全く無かったけれど、2年半の間に撮った写真をしらべたら猫の写真はたくさんありました。

イスラム教徒にとって猫は理想のペットみたいですね。犬と比べてこの扱いの違いは何なんだろうと思うほどです。

猫の街として有名なサラワク州の州都クチンは「猫」の意味だし、マレーシア中どこの街に行っても猫がいて住民がかわいがっています。

屋台なんかで食事をしているとすぐに寄ってくるので、客がおすそ分けをしたりして店の人も追っ払うという感じではありません。

私は特に猫が好きというわけではありませんが、2年半の間持ち歩いたスマホでいろんな写真を撮っているなかに、猫の写真がけっこうありました。ほとんど無意識に撮っていたと言う感じですね(下の写真)。

そうそう、まったくの余談ですが猫で思い出しました。犬の話の中にマレーシアに初めて住んだ最初の頃の話を書きましたが、猫は怖くない私は、マレーシアの道端の猫によく声をかけたものです。「こっちおいで!」という感じですね。

でも、初めての海外生活で頭が混乱していた私は、この頃猫に英語で話しかけていました。せめてマレー語にしろ!とあとで自分にツッコミを入れることに。。。

猫と関係ないけどもう一つ思い出しました。やはり同じ頃、日本から持ってきたサザンオールスターズのCDを初めてこちらのCDプレーヤーにかける時、「このプレーヤー日本語の歌は大丈夫かな?」と一瞬本気で考えたこと!

やはり、初めての海外生活というのはストレスがかかるんですね!(笑)


タイピンの猫


イポー




ケニンガウあたり


コタキナバル


セランゴール



クアラルンプール




クチン
(クチンでは本物の猫は見なかったようで、写真はなかった)

他にもありました(2018年12月追加)

クアラルンプール


プトラジャヤ

 


カラフルなPVC(ポリ塩化ビニル)の幅広の紐で編んだかごバッグ。
マレーシア、ボルネオ島のペナン族の伝統に裏打ちされた複雑で緻密な編み方で、実用性もしっかり確保されています。
Penan族のかごバッグについての解説はこちら、ショップはこちらです。
旅行に行って買うのが困難な今、海外旅行気分でひとついかがですか?

十万年も宇宙を放浪してきた彼らの目的は何なのか?
¥499- @amazon
¥0- kindle unlimited会員の方
どちらもkindleアプリでスマホ、タブレット、PCで読めます

 

 

 

マレーシアの犬

20数年前、マレーシアに住むことになって初めてクアラルンプールに到着してから10日ほど経った頃、私は「ここは犬が少ない国だな」と感じたのをよく憶えています。

それまで全く知らなかったのですが、イスラム教では犬は豚と同様に不浄なものとされて、忌み嫌われているそうです。

人からそれを聞いてなるほどと納得するのと同時に、自分の犬センサーの感度の良さがちょっと嬉しくなりました。私は決して犬嫌いではないですが(むしろ好き)、吠えて追いかけてくる犬がとても怖いんです。誰でもそうかもしれませんが、私の場合こどもの頃のトラウマが影響しているみたいで、過敏に反応するようになってしまいました。

そんなわけで、イスラム教の影響からか犬を見ることが少ないマレーシアですが、中華系もインド系も少数民族もいるマレーシアなので、犬が全くいないわけではありません。

一軒家が立ち並ぶ住宅地であれば、番犬を飼っている家もあり、夜中に一匹が鳴くとあちこちの家の犬が反応して遠吠えの合唱になることもあります。

中華系住民の多い街では、街なかをたくさんの犬がうろついているのも見たことがあるし(こういうのがいちばん苦手)、少数民族が住む田舎道なんかでは普通に犬がウロウロしています。

でも外で見る犬はだいたい虐げられた感じに見えます。尻尾振って喜んでる幸せそうな犬なんて見たことないし、たいていは伏し目がちにすねた感じで道の端っこの方を歩いています。。。というのは私の偏見かもしれないけれど、家の中で飼われている犬以外は、この国は犬にとって受難の国ですね。

私は道で犬に出会うと目を合わせずにそっと離れることに集中するので、マレーシアで撮った犬の写真は探したけれどありませんでした。猫の写真はいっぱいあるのに


カラフルなPVC(ポリ塩化ビニル)の幅広の紐で編んだかごバッグ。
マレーシア、ボルネオ島のペナン族の伝統に裏打ちされた複雑で緻密な編み方で、実用性もしっかり確保されています。
Penan族のかごバッグについての解説はこちら、ショップはこちらです。
旅行に行って買うのが困難な今、海外旅行気分でひとついかがですか?

十万年も宇宙を放浪してきた彼らの目的は何なのか?
¥499- @amazon
¥0- kindle unlimited会員の方
どちらもkindleアプリでスマホ、タブレット、PCで読めます