チャイナタウン(クアラルンプール)

日本とマレーシア以外のいわゆるチャイナタウンには行ったことがないので、クアラルンプールのチャイナタウンが他の国のものと比べてどうなのかはよくわかりません。

一つ言えるのは横浜の中華街のように大小さまざまの食べ物店が並んでいるというより、安い雑貨(偽ブランド品含む)の屋台がずらっと並んでいるのが特徴です。屋台だけを見ていると、各地でやっているナイトマーケットと売っているものは大差なさそうです。

ただし、チャイナタウンと言うとおり、ここはもちろんもとからの街があって、そこにはレストランやいろんなショップ、ホテル、真ん中には地元の人が通う市場があったり、歴史を感じる建物も多くて、見てまわる価値は十分あると思います。

私も何かを買うことはあまりありませんが、気軽に行ける場所なので何度もうろうろしている場所です。

チャイナタウンのガイドはたくさん出ているし、私は特に詳しいわけではありませんが、写真をいくつか並べておきます。


チャイナタウンの入り口、これは北側の門
これを突っ切った反対側にも門がある



夜のにぎわい

東の端を南北に走る通り(Jalan Sultan)沿いにはレストランが多い

ここのあさりソバにはまった人がいた
あさり多すぎ!
(Petaling Streetの北門の道を挟んだ向こう側、少しセントラルマーケット寄り)

小さな市場
魚屋や地元の人が食事する場所などがあったが、特におもしろそうなものはなかった
昼間覗いた限りでは不安は感じなかった
(この入り口は関帝廟のすぐ横)


こちらは入り口周辺にTATTOO(刺青)屋がいっぱい
入りませんでした
 
亀ゼリーの恭和堂
香港の店?
Petaling Streetの門のすぐ横、南北どちらの門の横にもある

アクセサリーや首飾りの材料を売っている店
高級ではないけどものすごい種類
中国からの輸入だろうか
(関帝廟の真向かい)


これは飾り付け用品専門店
店舗向けの業務用だと思う
こんな店がほかにもあった


モダンなカフェもある
休憩に最適


左下はレゲエ・バー(Reggae Bar)
ちゃんと酒が飲める店はこのあたりではここしか知らない
中華料理店はビールばっかりですからね
(関帝廟のある通り)

ウォールアート
残念ながら先日行ったら工事で無くなっていました


見えにくい場所だけど、こんなにカラフルにしている
ナシレマ(マレー系の代表的料理)ののぼりがあるのが面白い
マレーシア人は食べ物には貪欲で、民族なんか関係なく美味しいものを求める


街角で見つけたトラック
SPY LOGISTICSと書いてある
運送会社のようだが去年空港で暗殺事件があったこの国...笑えない(笑)

関連:KL観光はパサールセニ駅起点がおすすめ

 

 
スマホの音声アシスタントとの
対話を描くストーリー

 

 

マジェスティックホテル クアラルンプール

クアラルンプール駅の斜め向かい、徒歩2〜3分の場所にあるマジェスティックホテルは、コロニアル様式のとても雰囲気のいい高級ホテル。地球の歩き方マレーシアの2014〜15年版では表紙のイラストになってました。


クアラルンプール駅の斜め向かい
駅からは、ここを渡るか少し離れた場所の地下道を通っていく。
でもほとんどの人はタクシーなど車で行くのではないかな。

宿泊棟は旧館と新館の2つがあります。どちらも泊まったことはないけれど、雰囲気はいいし、スタッフの対応もとても気持ちがいいホテルです。

マレーシアは日本はもちろんほかの国と比べてもホテルの宿泊費が安めで、このホテルも時期を選べば1万円ぐらいから泊まれます。しかも日本とは違い、基本は大人2人で1部屋を使用する前提の値段なので、一人当たり5〜6千円でこの設備とサービスを受けられるのは驚きです。日本だと都市部でこの値段で泊まれるのはビジネスホテルぐらいですからね。

でも、このホテルはもちろん泊まれればいいと思いますが、泊まらなくてもちょっとした休憩に寄ってもとてもいいと思います。

この辺りは、国立モスクやイスラミックアートミュージアム、バードパークなどの観光スポットがあるし、クアラルンプール駅の反対側は有名なチャイナタウンです。

暑い中歩き回って疲れたら、新館と旧館の間にあるラウンジでお茶でも飲めば落ち着いた気分になれると思います。このホテルで有名なアフタヌーンティーも楽しめますし(予約したほうが良い)。


アフタヌーンティーをお願いするとこういうのが出てくる
残ったら持ち帰りもできる


ホテル内の蘭を育てている温室
予約すればここでもアフタヌーンティーが楽しめるそう

それから、とても目立たないところにあるので普通は気づきませんが、ホテルの端っこの建物にあるスパの横に、Pink Jambuという小さなバティックのお土産物屋さんがあります。

クアラルンプールのデザイナーの店だそうで、店員も居らず必要な時はスパのスタッフが対応するようですが、とてもモダンでカラフルなバティック製品が並んでいました。値段はちょっと高めでしたが、のぞいてみてはいかがでしょうか。

 

 
スマホの音声アシスタントとの
対話を描くストーリー

 

 

ドライワンタンミーが好き

ドライワンタンミーとは細い麺にオイスターソース系のタレを絡め、トッピングとしてチャーシューを置いた食べ物。ワンタンはワンタンスープとして別に出てきます。


ドライワンタンミー
(屋台ならWantan Meeとアルファベットか、雲呑麺と漢字で書いてある)

ドライというからにはドライではないのがあって、ラーメンみたいにあったかいスープ(鶏?)にこの細い麺とワンタンが一緒に入った、スープワンタンミーというのもあります。

ドライワンタンミーはもはや麺(ミー)とワンタンが分離しているので、ワンタンミーというのはおかしいと思いますが、きっとスープワンタンミーを作ってた人が、同じ材料で麺を外に取り出した新メニューを作ったら人気がでたので、そのままメニューとして今のスタイルが定着した、、、と私は信じています。真実は知りません。

90年代にKLにいた時は仕事場の近くに中華のローカルレストランがありました。一つの場所にたくさんの種類の屋台が入っていて、この場所を貸している大家は飲み物のみを提供するという、マレーシアによくあるやつです。


こんな感じのローカルレストラン
(考えてみると、大家が場所と基本サービス(飲み物)を提供して、そこに店子として入った屋台が独自に営業するというのは、前に書いたマレーシアの病院のシステムと同じですね)

毎日そのレストランに昼食を食べに行きましたが、最初はいろんな料理を試したものの結局落ち着いたのはドライワンタンミーでした。週に5日とはいきませんが2〜3日は食べていたような気がします。

それほど気に入ってしまったので、その生活を続けてから日本に帰国したら、その後2年間ぐらい夢に出てくるようになりました。マレーシアが懐かしい、暖かいところに行きたい、と思ったときにはこのドライワンタンミーかナシレマがよく夢にでてきたものです。

なので、今回3年前に再びKLに来た時にはドライワンタンミーを探しました。もともと食べ物にはさほどこだわりはないほうなので、わざわざ遠くへ出かけていったりはしませんが、近場でおいしい店はないかと職場の周りを探しました。

一つ見つけたのが、近くのショッピングセンターのフードコートにあった店。


職場近くのフードコートのドライワンタンミー
(サイドについているのはワンタンスープではなく、ミニ・ヨントーフ。頼めばワンタンスープの代わりに作ってくれた)

でもここはマレー系の人もよく来るフードコートなので、上に乗っているのはポークではなく(イスラム教徒は食べてはいけない)、チキンのバーベキューでした。

まあ、それなりにおいしいのですがどこか違う。20年前に食べたあの味とは違うなあと思いながらも、結局この店にも通いつめて最後はまた週2〜3回食べることになりましたけどね。

それから、どこかで昼食を食べる時にはドライワンタンミーを探してみましたが、どうもしっくり来るものは見つかりませんでした。20年前の記憶はきっと美化されているし、そもそもこういう食べ物は完璧に美味しいとすぐ飽きてしまうし、どこかちょっと足りないぐらいで「次はもっと美味しいかもしれない」と理想を追い求めるのがいいのかもしれません。

そう思っていましたが、先日珍しく遠出(といっても車で30分ぐらい)をしてドライワンタンミーが美味しいという店に行って来ました。このHPのバナーを置いてもらっているマレーシア情報サイト(GoMalaysia)の記事に載っていた店です(これ)。


Chan Meng Kee(陳明記)


トッピングはクリスピーポークなんとかという塩味のポーク
(これはSサイズ。ちなみに、冒頭の写真もChan Meng Kee。
あちらはバーベキュー味のポーク。
このバーベキューが完璧な味だったが、ちょっと強すぎて麺を味わうのを忘れてしまいそう。初めてならクリスピーポークの方がいいかもしれない。)

ここは美味しかった!

麺もポークもワンタンもスープもどれもしっかり美味しかったです。さすがローカルに人気の店。店内はほとんど中華系の人で昼時に行くと行列ができていました。人気の店なのでちょっと遠くに住んでいる人も休日には家族連れで車できているんでしょうね。

観光地とは離れた場所なのでツーリストが足を延ばすのはなかなか大変ですが、今やLRT(電車)で行けるみたいですね。マレーシアでもよく使われているWazeというカーナビアプリでも店名で検索できました。

というわけでなかなか美味しかったのですが、20年前に食べたのはこんなにしっかりしたものでもなかった気がして、そのあとも近くで美味しい店がないか探してしまいました。


翌日に別の店でも食べてしまった、左端はコピ・オー・コソン

 

 

 
スマホの音声アシスタントとの
対話を描くストーリー