マレーシアの政変とマハティール首相の辞任

※日付間違いがあったので修正しました(2/27)

※追記しました(2/27)(2/28)(2/29)(3/1)(3/2)

マハティール首相が24日に辞任したというニュースは見ていました。背景には政党間の対立みたいなことがあったとも。

マレーシアの政治は2018年の劇的な選挙以来大きな動きがないので、最近はニュースもほとんど見ていませんでした。なので、24日の件も「へぇー、そんなに対立があったんだ。さすがにもう歳だし、この辺で引退するのかな」とわりとあっさりと見ていたのが今日まで(2/26)。

でも、知り合いに今マレーシアは、コロナウィルスの話題から首相の辞任の話題一色になっていると言われ、まあそれはそうだろうと思いながら何が起こっているのかと見てみれば…

Malaysia Kiniという単一のニュースソースから見ただけですが、ざっと理解したところを書くとこんな感じです。なんだこれは!という感じです。

 

与党連合を構成する最大党PKRから11人ほどが離反。リーダーはアズミン・アリ経済担当大臣。それと同時に、2年前の前回選挙でマハティール氏が自ら立ち上げ、現与党連合を大勝利に導いた政党PPBMが、与党連合から脱退のうわさ。

これらのメンバーに加え、長年政権を担ってきたが前回の選挙で負け今は野党であるUMNOや、イスラム系の政党PAS、独特の位置付けを持つサバ州やサラワク州の有力政党のメンバーが、KLのホテルや宮殿などに入り乱れてなにやら話し合いをする。

これが23日(日)の1日で起こったみたいです。もちろん誰かが背後で画策しているということ。

憶測としては、アズミン氏が全体を計画し、与党を脱退した自分たちとPPBMが現在の野党と組んで、マハティール氏を首相として新たに政権をとろうとしたというのが、ありそうなこと。

前回選挙の際、マハティール氏は自身が首相になった際の任期は2年間ほどにとどめ、次期首相はPKRのアンワール氏に譲ることとして選挙戦を戦った経緯あり。

しかし、マハティールシンパの中には、マハティール氏には任期最大まで首相を勤めてほしい(確か、下院議員の最大任期である5年)と考えている人がいて、それを狙った可能性がある。

ところが、この動きに対しマハティール首相は、翌24日に首相を辞任。マハティール氏は、そのすぐ後に自身が所属するPPBMの最高評議会の議長も辞任することを発表。

なお、PPBMも同じ頃に与党連合脱退を正式に発表。

アズミン氏とPPBMはこの段階で、当てが外れたということなんだろうか?

一方、日曜日の動きはマハティール氏が裏で糸を引いたのではないか、という憶測も当然出てくる。

しかし、首相辞任の前にマハティール氏とアンワル氏は話をしたそうで、アンワル氏はこの説を否定。アンワル氏はマハティール氏の辞任の意向を撤回するように説得したがダメだったと言っている。

前回の選挙で現与党連合が勝った理由は、前政権の腐敗を糾弾し、政治を改革するというアジェンダを掲げたからであり、そのような前政権の人々と一緒に仕事をすることはできない、というのがマハティール氏の考えとのこと。

マハティール首相の辞任により、与党連合政権は瓦解、内閣も解散することになった。国王は、次の首相が正式に決まるまで、マハティール氏を暫定首相に任命。

マレーシアではこの状況に対して、国王が議会を解散して選挙を行うか、あるいは国王が、議会をコントロールすることができるだけの支持を持つ議員を次期首相に指名することができるらしい。

そこで、25、26日の両日、国王は全国会議員を順次宮殿に呼んで、各議員の支持者をヒアリングしている。

PKRも有力与党のDAPも基本はマハティール氏を支持する様子で、PPBMも、おそらくアズミン氏のグループもマハティール氏を支持するだろうから、結局またマハティール氏が次期首相になるということか?

なお、このように議員一人ひとりの意向でマハティール氏が首相に選ばれると、政党が動かす政府ではない、統一政府(?)が出来上がる可能性があり、これを歓迎する声もある。

また、マハティール氏がこの形式の政府の成立を目論んでいたとの憶測も。

UMNOや野党連合は最初このアズミン氏とPPBMの話に乗る姿勢を見せていたが、この憶測もあり、結局は撤回し、マハティール氏を支持しない様子。

あれ、今またwebを見たら、マハティールさんが演説して、統一政府の成立を望んでいたと言っている。

ひょっとして、これ全部画策したということですか?あ、それともこのチャンスを利用して、国王に統一政府が成立するように助言したということかな?

 

おそるべし、マレーシアというかマレー人。

(2/26記)

 

追記:

◯26日夕方のマハティール氏の演説の全文が出ていた。

-首相交代のチャンスはある。しかし自分は双方(たぶん与党支持、野党支持の双方の国民)から支持されているので、辞める時期はまだ来ていないと思う。

-自分にもっと時間をくれと言ったが、PPBM(文中ではBersatuと表記)は与党連合を脱退することを決めてしまった。(この「時間」が首相としての任期なのか後述の「統一政府」を作るための時間なのかよくわからない)

-PPBMとアズミン氏がUMNOなどと組むと、前回選挙で負けたUMNOが政権の中心になってしまう。

-UMNOのメンバーが、党を飛び出して別の党に入るなら自分は受け入れたいが、UMNOが党として「統一政府」に加わることは受け入れられない。だから、辞任せざるをえなかった。

-政党が中心ではない、国益を考える「統一政府」を作りたい

など。(2/27記)

 

◯最近のマレーシアの政治は全然知らなかったけど、だいたいこんなことが起こったんですかね、と想像してみました。

・マハティール氏は未だ芳しくないマレーシア経済の立て直しや、汚職の追放などのために、まだ首相としての時間が必要と考えていた。アンワル氏には、今年11月のAPECサミットの後に引退したいと提案し、アンワル氏は寛大にも合意していたもよう(本来は5月で2年が経つ)。

・マハティール氏の党であるPPBMや側近たちは、もっと長期にわたって首相にとどまることを望んでいるが、与党連合にいる限り圧力を受け続け、今年首相の座をアンワル氏に譲ることにならざるを得ないと感じていた。

・マハティール氏が本心でどこまでの任期を望んでいたかはわからない。むしろ、任期に拘るのではなく、これでうまくいくというところまで持っていきたい、という考え方のはず。

・その一つの目標として、マハティール氏は「統一政府」という政党の党益とは距離を置き、UMNOやPAS支持の国民からも協力を得られやすい政府を作ることを模索。そうすれば任期の件も縛りがゆるくなる可能性もある。

・PPBMや近しい人とも「統一政府」実現の方策をずっと相談していたが、実現には時間がかかっていた。しびれをきらしたPPBMやアズミン氏が突っ走った。しかし、党としてのUMNOとの協力は受け入れられないという、マハティール氏の今の胸中を見誤っていた。

私もマハティール首相辞任のニュースを聞いて、最初に思ったのはUMNOに政権を戻そうとしているのかと思っていました。(2/27記)

 

◯26日のマハティール氏の演説のすぐあと、与党連合は首相としてマハティール氏ではなく、25日(火)からはアンワール氏を支持することにしていたと発表している。そうなると、数的にはアンワール氏が最大か。でも過半数は取れないはず。そうすると選挙?でも選挙を嫌がる声も多いようだ。(2/26記)

 

◯26日、マハティール氏の「統一政府」構想は、与党連合主要党のDAP(華人が多い)からも批判されている。もし、そんな政府ができたら首相は何の説明責任も持たなくなるからだと。(2/27記)

 

◯27日朝。マハティール暫定首相は政党政治ではない「統一政府(あるいは団結政府と言ったほうがいいかも)」を作りたいと言い、与党連合はPKRのアンワル氏を首相にしたいと言い、野党連合とイスラム系のPASは議会を解散して選挙をすべきだと言っている状況。

しかし、いずれも議会の過半数を得ていないため、判断は国王に委ねられている。今日、その判断が下されるかどうかも不明。(2/27記)

 

◯27日午後、DAPは「もし統一政府を考えるなら、それは与党連合の上に構築されるべきだ。統一政府の考えは魅力的だが、与党連合を裏切った上で国の統一を図る政府を構築することはあり得ない。統一政府を作るなら、理想的には前回選挙で約束した義務を負う与党連合の上にそれを作って、他の党を説得すべきだ」と言う。

様々な可能性に対応できるように、軌道修正しているように見える。(2/27記)

 

◯27日午後、アンワル氏は「与党連合と、そこを離れたPPBMとの関係は流動的だ」と発言。これも様々な可能性に対応できるようにしているみたい。(2/27記)

 

◯州政府レベルでは、PPBMとUMNOやPASとの連合もあるらしい(ジョホール州、PPBMの党首ムヒディン氏の地元)。(2/27記)

 

◯27日夕刻、マハティール氏の言。「国王は明確な過半数の支持を集めた首相候補を見つけられなかった。だから、国王は正しい議論の場は議会であると言っている。従って、3月2日に議会が招集され、そこで過半数の支持が得られた者が首相になるだろう。しかし、もし議会が過半の支持を得る者を見つけられなかった場合、我々は選挙に進まねばならないだろう」(2/27記)

 

◯27日夕刻、マハティール氏は午後にPPBM党首のムヒディン氏に会い、ムヒディン氏が党としての首相候補になることについて議論したと話す。多くが彼を支持するなら、マハティール氏はそれでも構わないとの意向。ただし、ムヒディン氏はUMNOとの全面的な協力を受け入れており、マハティール氏とは見解が異なるとも。なお、PPBMに請われ、マハティール氏はPPBMの最高評議会の議長に留まることになった。

これで、アンワール氏とは完全に決裂したということか?(2/27記)

 

◯PPBMは、来週3月2日の議会で、マハティール氏とムヒディン氏のどちらを首相候補とするか、決めあぐねているようだ。(2/28記)

 

◯その他、マハティール氏は議会の招集やそのアジェンダ(次期首相の選定)の設定を発表したが、それは憲法に定められた国王の権限であり、同氏の行動はそれを逸脱するものだといった批判が出ている。(2/28記)

 

◯29日夕刻。なんと!国王はムヒディン氏を首相に指名。UMNO政権復活!

 

◯マハティールさんのインスタグラムの投稿にものすごい数のコメントが寄せられています。お疲れ様でした!と思わず日本語でコメントしてしまいました(^_^)(3/1記)

View this post on Instagram

Thank you everyone.

A post shared by Dr Mahathir Mohamad (@chedetofficial) on

 

◯28〜29日にかけて。しかしまあ、どうなってるんだろう。PPBMはムヒディン氏を首相候補に決定。その後、現野党に多数派工作。それで多数が得られそうになるや、今度は現与党連合がアンワール氏からマハティール氏に首相候補を再度変更。マハティールサイドはその後も多数派工作を進め、29日に僅差で多数を得たことを国王に報告しようとしたが、夜国王はムヒディン氏を第8代の首相に指名することを発表。(3/2記)

◯翌3月1日の朝、ムヒディン氏は首相就任の宣誓。しかし、国王は同氏が何人の国会議員の支持を得たのかを公表しておらず、いずれが多数派だったのかについて疑義が渦巻いている。午後、街では二年前の政権交代を支持した人たちの抗議活動も起こっている。アズミン・アリ氏などに近かったPKRの議員が、怒った支持者から襲われるなんてことも。(3/2記)

◯マハティール氏がクローズドの会議で話したことが一部漏れていたが、同氏はムヒディン氏とアンワール氏の双方を非難していた。ムヒディン氏についてはUMNOとの協力を容認したこと。アンワール氏については一時的に与党連合の首相候補をアンワール氏に切り替えたことを。もしそうしなければ、マハティール氏が多数を取れたはずだとのこと。(3/2記)

◯ひょっとすると、この一週間の騒動はマハティール氏とムヒディン氏が謀ったことかと思っていた。結局最後の候補者二人は同じPPBMの人間だからだ。でもどうやら違ったようだ。マハティール氏は多数を取るために、かなり激しい動きを短時間で行なったようだし、最後にはムヒディン氏を裏切り者だと言っている。さらに、多数の支持を得たのがどちらかはっきりさせようとしている。(3/2記)

◯しかし、まだ事態は不安定のようだ。前与党連合(ややこしい)は、次に開催される議会で首相の不信任動議を出す話をしている。有識者からも議会でこのことをはっきりさせるべきだとの声も。次の議会は3月9日開会が予定されているようだが、一番最初に議長の選出が行われるので、これがまず最初の信任決議になるのではないかと言っている。ただし、首相の権限で開会の延期もできるようなので、その間に多数派工作がなされる可能性もある。これから、議会の開会まで、水面下(上でも?)で激しい支持の取り合いがおこなわれるはず。(3/2記)

◯上のインスタグラムの動画を見て、マハティールさんはこれを機会に政権争いからは一歩引くのかと思ったら、全然やる気満々。歳なんか関係ないということですね。(3/2記)

 

 

 
スマホの音声アシスタントとの
対話を描くストーリー

 

 

マレーシアとの接点があった妖怪の小説

小説を書いた話をしましたが、この小説の件とマレーシアとは全く接点がないと思っていたら、一つだけありました。

「妖怪タケカンパケタ」というタイトルの短編なんですが、たぶんこれを見て最初に思うのは「何だその名前は?」ということでしょう。自分でもこんな名前を口にしたのは、半世紀以上生きていて間違い無くこれが初めてのことでした。

何でこんな名前を考えついたのかというと、考えたのではなく夢で見たんです。もう一年ぐらい前の夜に見た不思議な夢はこんな感じでした。

*******

私はなぜだか、大きな男の赤ちゃんを抱えて巨大なショッピングモールの中を早足で歩き回っていました。出口を探していたのか、どこかに繋がる通路を探していたのかは定かではありませんが、結構あせって行ったり来たりを繰り返しています。

走りたいのに、足が重くてなかなか動かなくてもがきながら、方向音痴の私はどうしても目的の場所を見つけられず、とうとう屋上のような場所に出て来てしまいました。

そこでウロウロしていると、壁というか何か土手のような背景の前に、茶色っぽいクマのぬいぐるみのようなものが立っています。

その前を通りかかった時に、抱えていた赤ちゃんが言いました。

「あ、タケカンパケタだ。◯◯◯をする妖怪だよ」

*******

私がそれに対して「へえ」と言った瞬間に目が覚めました。

こんなおかしな名前は目が覚めれば忘れているのが普通ですが、この時は聞いた直後に目が覚めたので頭に残っていて、「おもしろい」と思ってスマホにメモしておきました。

この舞台となったショッピングモールが日本だったのか、マレーシアだったのかははっきりしませんが、ショッピングモールで迷ってあちこち探し回るという経験は、間違いなくマレーシアでのものです。

KLのミッドバレーのメガモールや他のモールでも、目的の物を探したり、駐車場への出口を探し回ったりで、ヘトヘトになった経験は一度や二度ではありませんからね。

このタケカンパケタも、抱えていた男の子も、夢の中の雰囲気も、全く怖かったり邪悪な感じはなかったので、この「◯◯◯をする妖怪」を主人公に何か書いてみようとしてできたのがこの話です。

書く時には、ひょっとしたら何か以前に見たり聞いたりしたものが、突然思い出されてこの名前が夢に出て来たのかと思ってネットで検索しましたが、Googleでの検索結果は全くのゼロでした。何も出ません。「◯◯◯をする妖怪」というのも見つかりませんでした。

錯覚だとはわかっていますが、今はネットの空間に存在しないものは実際にも存在しないような感覚を持ってしまいます。

それがこの小説を書いたことで、いま「タケカンパケタ」で検索するとヒットしますからとても不思議な感じがします。自分の手で妖怪をこの世に生み出してしまった!という感覚です。創作するというのは面白いものですね。

妖怪と言えば、マレーシアには妖怪や精霊の話がたくさんあるみたいですね。漫画家の水木しげるさんも、マレーシアの少数民族を取材して妖怪(精霊)の本を出しておられます。先日読んでみましたが、マレーシアの先住民の中には豊かな精霊信仰があるようです。

こんな経緯があるので、タケカンパケタはマレーシア生まれとは言わないまでも、何かマレーシアとのつながりを感じてきました。

それにしても何であんな夢を見たんだろう。あの赤ん坊が誰だったのかも謎です。

最近妖怪づいています


去年の暮れに初めて調布市の深大寺に行ったら、門前に「鬼太郎茶屋」というのがありました。キャラクターグッズなども売っています。水木さんは調布に長く住まれたようですね。調布市の名誉市民だそうです。


水木さんはよくニューギニアに行っていたそうで、その際にマレーシアにも立ち寄ることがあったと、90年代にマレーシアにいた頃に聞いた記憶があります。


水木さんとノンフィクション・ライターの大泉実成さんの「水木しげるの妖怪探検(文庫)」(単行本は「水木しげるの大冒険」という題)
94年にマレーシアのオラン・アスリ(先住少数民族)を訪ねて、精霊を探し求めた旅を綴ったもの。
現地の人との交流や精霊の話、水木さんが描いた30点の精霊の絵などが収められているが、実はこの本は、旅を通して水木さん自身を描いた本だと思います。
水木さんの人柄や、妖怪のもとをたどっていくと精霊信仰につながる、といった話がとても興味深かったんですが、私はまだ日本が元気だったころの勢いが残っている文章も嬉しかったです。

 

 

 
スマホの音声アシスタントとの
対話を描くストーリー

 

 

お米を研ぐ意味がわかった

マレーシアで外食ばかりしてると飽きてきて、もういやだ自炊しようと、ある時から突然自炊をはじめました。味にはこだわりのないほうなので、極端にまずくなければいいんですが、お米だけはこだわって値段が高いけれど日本からの輸入ものを買っていました。

ですが、いました。虫が。日本産の米だと書いてあったので大丈夫だろうと思って買ったんですが、よく見るとマレーシアで袋詰めしている米だったんですね。日本からの輸出時には虫はいなかったと思いますが、輸送時かマレーシアで小分けの袋に詰める段階ではいったんでしょう。

その時の虫は、茶色くて丸いやつでしたがお米を研いでいるとポツリポツリと浮いてきました。

日本のスーパーでお米を買ってこんなことを経験したことはありませんし、そもそもお米を研ぐ意味がよくわかっていませんでした。

調べてみると日本ではいまは糠の残りを取るのと、汚れを取ることが目的で研ぐということみたいですね。だけど、精米技術がすすんであまりその意味は分からなくなっていると思います。無洗米というのもありますし。

むろん、精米技術が未熟だったころは糠もいっぱい付いて汚れもあったと思うので、見れば洗うべきとすぐさま思うものだったのかもしれません。

でも、きっと虫です。お米を研ぐ真の理由は。いまは滅多になくても、昔は日本でも虫がよくついたからでしょう。これは当時マレーシアにいた同僚も同意してくれました。

むかしから米は研ぐもの、しかも3回は研ぐこと、みたいに言われてきましたが、たしかに3回は研がないと虫は全部とれません。慎重にやるなら5回は必要でしょう。

KLのしっかりしたスーパーのものならめったにないことだと思いますが、以後お米を買う時は一応じっとビニール袋の中を見てから買うようにしています。

でも、先日3ヶ月ぶりに自分の部屋に戻ってきて米の袋を見たら大変なことになっていました。違う種類のやつでした。封は一度切ったものですが、虫が入らないように口を厳重にしばっておいたんですが、ダメでした。きっと卵があったんですね。

50cmより近くからは直視できず、視線の片隅で見ることしかできないほどに。。。ぎゃ〜

 

 
スマホの音声アシスタントとの
対話を描くストーリー