マレーシアの言語事情が生んだマングリッシュ・ソング

マングリッシュとは、マレーシア英語のこと。MalaysiaとEnglishを合わせた造語です。


マレーシアの民族構成は、
マレー系(少数民族含む)67%、中華系25%、インド系7%

大きくマレー系、中華系、インド系の3民族がいるマレーシアでは、家庭では各々の民族の言葉を使い、学校では公用語であるマレー語、それからマレー語とともに民族間のコミュニケーションに広く使われている英語を学びます。

というわけなので、最低でも、マレー系住民は2つ、中華系・インド系住民は3つの言葉を使うようになります。

もちろん個人によって得手不得手があるので、だれでもペラペラと英語を話せるというわけでもありませんが。

小さいときからこの多言語環境で育っているので、マレーシア人の言語感覚はとても優れていると思います。英語の能力はアジアの中でトップクラスとか。

 

で、この環境で生まれたのがマングリッシュという言葉。

言語感覚が優れていると言っても、普通の人が日常で交わす会話での英語の文法などはかなりいい加減です。

それに、英語で話しているはずなのに、時々マレー語の単語が入ったり、中国語からきた言い回しが入ったり。さらには文法もマレー語と英語が混ざっていることもあります。

マレーシア人が自分たちが話す英語について、こういうテキトーな文法や言語のちゃんぽん状態をやや自嘲気味な意味を込めて呼ぶときにマングリッシュと言っています。

しかし、マングリッシュをあなどってはいけません。しっかりと通じています。彼らの間では。

小さいときから多民族、多言語環境で育ったマレーシア人は、会話の際に文法の正確さなどより、なによりもコミュニケーションをとることを重視してきたので、こういう話し方になってきたんだと思います。

 

こういう背景があるので、マレーシアは英会話を始めたい日本人におすすめだとよく言われます。

たしかに、実質的なコミュニケーションを重視する彼らは、こちらがどれだけ下手な英語で詰まりながら話していても、真剣な顔をして意味を汲み取ろうとしてくれます。

それで、意味がわかってもわからなくても、とりあえず何らかの反応を返してくれます。

きっと彼らも言葉のことでは子供の頃から色々苦労してきたので、そういう思いやりがあるんでしょうね。

 

こんなマングリッシュをわざと強調した歌詞の”Kantoi”という名前の歌があります。

Zee Aviという女性シンガーの曲で、もう10年ぐらい前の歌ですが、マングリッシュの意味がよくわからなくても、ウクレレの素朴な伴奏でなかなかいい感じの曲です。

若い女性が恋人の浮気のウソを見破ったが、結局彼女もその男性の友達とデキてしまっていた(?)、、、という、マレーシアの現代の若者を描いた歌です。

Googleで”kantoi”で検索すると一発ででます。字幕つき。iTunesでも歌詞付きで売ってました。


カラフルなPVC(ポリ塩化ビニル)の幅広の紐で編んだかごバッグ。
マレーシア、ボルネオ島のペナン族の伝統に裏打ちされた複雑で緻密な編み方で、実用性もしっかり確保されています。
Penan族のかごバッグについての解説はこちら、ショップはこちらです。
旅行に行って買うのが困難な今、海外旅行気分でひとついかがですか?

十万年も宇宙を放浪してきた彼らの目的は何なのか?
¥499- @amazon
¥0- kindle unlimited会員の方
どちらもkindleアプリでスマホ、タブレット、PCで読めます

 

 

 

マレーシアでよく使われる略語

どこの国でも略語を使いますが、マレーシアはかなり頻繁に使うほうなんじゃないかと思います。


<地名>

マレーシア人も外国人も日常的に使うのが”KL”(ケー・エル)。クアラルンプール(Kuala Lumpur)のことです。

外国人としては最初は略語で言うのが恥ずかしかったりしますが、日本人でもマレーシアに住み始めた人はすぐ”KL”を使い始めるんじゃないかと思います。

日本人的には会話の中で”クアラルンプール”と言うのは、発音がやや面倒くさいですよね。KLに慣れるとなかなか戻れなくなります。

でも、マレーシア人はKuala Lumpurとフルに発音するケースが意外にあるように思います。

少し抑揚をつけると発音しやすくなるのと、フルでいうときのマレーシア人は、この街に誇りを持っているというニュアンスを込めているような気がします。

地名といえば、KL周辺の人は”PJ”(ピー・ジェイ)もよく使います。ペタリン・ジャヤです。KL市を取り囲むセランゴール州の市ですが、とても発展しているところ。

マレーシア人と会話していて”Petaling Jaya”とフルにいう人はほとんど聞いたことがありません。

Kuala Lumpurとは違って、こちらの場合はニックネーム的な”PJ”と親しみを込めて呼ぶ方が、ちょっと誇らしげなイメージを出していると感じます。

他には、”KK”=コタキナバル、”JB”=ジョホールバルなどの地名の略語がありますが、KLにいるとこの地名が会話に出る頻度は少ないので、私はあまり使いません。マレーシア人と会話していて、はっきりと誤解が起きないときに使う程度です。

<空港、マレーシア航空>

旅行者をはじめ、マレーシアへ来る外国人の多くが最初に使うクアラルンプール国際空港は”KLIA”。すっかりこの呼び方で定着していますね。

例えばタクシーでKLIAへ行く時も、単に”エアポート”とか”インターナショナル・エアポート”と言ってしまうと、近くにあるスバン空港(正式にはSultan Abdul Aziz Shah Airport)と区別がつかなくなってしまうので、KLIA(あるいはLCC用のKLIA2)と言う必要があります。スバン空港は国内線の一部とシンガポール線の一部で使われています。

マレーシア航空の以前の会社名はMalaysia Airline Systemだったので、20年前に住んでいた時の記憶から私は”MAS“(マス)と今でも言ってしまいます。

<政治、政治家>

新聞とかデジタルニュースを見ていると、政治関係の略語がいっぱい使われます。”PM”はPerdana Menteri(マレー語)またはPrime Ministerの略で首相の意味、”DPM”はDeputy Prime Ministerで副首相のことです。

MP”は国会議員(Member of Parliament)。このあたりは英語圏で使われる用語みたいです。

ほかに、”MB”というのがありますが、これは州首相(Menteri Besar(マレー語))。ただし、王様のいない州の州首相には別の名称があります。ああややこしい。

個人にも略称が使われることがあります。よく見るのは”Dr M”。マハティールさんのことですね。

5月の選挙で野党所属になってしまった政治家Khairy Jamaluddin氏は親しみを込めて”KJ”と書かれているのをよく見ます。

政党名は略称のオンパレードですね。

与党連合の”PH”(Pakatan Harapan(マレー語))を構成するのがPKR、DAP、PPBM(Bersatu)、Amanah(これは略語じゃないみたい)など。

野党連合”BN”(Barisan Nasional(マレー語))を構成するのがUMNO、MIC、MCA。

他にPASなどの政党もあります。

<その他>

BM”って何?車のこと?と今でもときどき戸惑いますが、Bahasa Malaysiaでマレー語というかマレーシア語のこと。

KLに住む人なら”DBKL”はすぐに覚えると思いますが、Dewan Bandaraya KL(マレー語)でKL市役所のことです。”DBKK“ならコタキナバル市役所です。

LRT”と”MRT”は両方とも都市やその近郊の鉄道のこと。LRTの方が輸送量が小さくて軽量です。マレーシアに限らず他でも使う用語です。

JPJ”はJabatan Pengangkutan Jalan(マレー語)で、マレーシアで車に乗る人は必ず関係する日本でいうと陸運局みたいな役所です。

KTM“(”KTMB”)はKeretapi Tanah Melayu (Berhad)でマレー鉄道(会社)。KTMが走らせる長距離の都市間電車が”ETS”でElectric Train Service。同じくKTMが走らせるKL近郊など近距離の電車はKomuter(通勤線)と呼ばれています。

会社名の後につく”SDN BHD”(スンディリアン・ブルハド)は非公開会社、”BHD”は公開会社という意味らしいです。BHDのみがつく会社の規模はふつう大きいです。


カラフルなPVC(ポリ塩化ビニル)の幅広の紐で編んだかごバッグ。
マレーシア、ボルネオ島のペナン族の伝統に裏打ちされた複雑で緻密な編み方で、実用性もしっかり確保されています。
Penan族のかごバッグについての解説はこちら、ショップはこちらです。
旅行に行って買うのが困難な今、海外旅行気分でひとついかがですか?

十万年も宇宙を放浪してきた彼らの目的は何なのか?
¥499- @amazon
¥0- kindle unlimited会員の方
どちらもkindleアプリでスマホ、タブレット、PCで読めます

 

 

 

いちばんよく使ったマレー語

合計5年以上マレーシアに住んだけれどもマレー語はさっぱりできません。日常生活のほぼ全てが英語で済んでしまい、必要に迫られないのでほとんど頭に残らないんです。とくにクアラルンプールのような都会にいる場合は。

そんな中で数少ないながら知っているマレー語(というかマレー語の単語)で、いちばんよく使って、しかも役に立ったのが「テー・オー・アイス・コソン」です。テリマカシ(=ありがとう)という言葉より断然多く使いました。

在住者はよく知っている言葉だと思いますが、外で食事をする時に砂糖もミルクも入っていない冷たいお茶を頼む時の呼び名です。

ローカルのレストランに入ると、料理の注文とともに飲み物の注文も必要になります。「ティー・プリーズ」とかテキトーに言ってしまうと、こってりミルク(練乳だったりする)が入った甘いあまいあま〜いお茶が出て来ます。

ご飯食べながらこういう甘いのを飲む感覚は私には断じてわからないので、日本なら冷たいウーロン茶をお願いするようなつもりで使うのがこの「テー・オー・アイス・コソン」です。


テー・オー・アイス・コソン
これは中華系の店だったので、ウーロン茶みたいな味のが出て来た。
マレー系の店だと紅茶系の味のが出て来る。
インド系でもきっと同じじゃないかな。
でも、どんなお茶を使っているのかは私は気にしたことはない。
甘くないことがとにかく重要なので。
ちなみに、日本食屋で冷たいグリーンティー(たぶん抹茶の粉を使ったやつ)を
出してくれる店がある。もちろん甘くない。これがけっこうおいしい。

テー(teh):お茶

オー(O):ミルク無しの意味

アイス(ais):氷入り

コソン(kosong):砂糖なしの意味(kosongは、空っぽとかゼロの意味)

日本語のカタカナ発音ではっきりくっきりと言えば、ほぼ間違いなく通じます。私の経験ではこれを英語で言おうとするとけっこう混乱してしまうので、覚えておいて損のないマレー語の筆頭(笑)だと思います。

 

もちろん多少の応用も効きます。

マレーシアでは単にお茶といった場合、ミルクが入って、あったかくて、甘くしたもの、を出すのが標準のようです。つまり、単に「テー」といえば自動的にこの標準のものが出てきます。

「テー・オー・アイス・コソン」はこの標準形に真っ向から異を唱えるものです。好みのものを注文する場合は、ここから単語を取り去ったり入れ替えたりするといいでしょう。

例えば、「アイス」という単語を取り去って「テー・オー・コソン」と言うと、ミルクも砂糖も入っていない、ホットのお茶がでてくるはずです。

店員が『このクソ暑いのに本当に熱いお茶でいいのかぁ?あとで文句言って注文取り消したりしないだろうな。。。』と疑念を持った時は「パナス(panas)?」というように聞いてきたりすることも。パナスは「熱い/暑い=hot」のような意味なので、あったかいのでよければ「イエス、テー・オー・コソン・パナス」とでも言っとけばお互い安心できるでしょう。

テーをコピ(kopi)に変えればコーヒーになります。ただし、コピといった場合はローカルの少しどろっとしたコーヒーです。ホットのブラックコーヒーが飲みたければ「コピ・オー・コソン」です。「コピ・コソン」だとホットの甘くないミルク入りコーヒーが出るはず。

ちなみに日本の喫茶店で飲むようなコーヒーは、洋風の店や空港のような外国人が多く来る店でないと見つかりませんが、この場合はカフェ・アメリカーノとメニューに書いてあるケースが多いです。

こういう店では砂糖とミルクは別に置いてあるのが普通なので、いきなり甘いのが出て来るということはまず無いと思います。

ローカルの店や高速道路のサービスエリアなどでは、コピに最初からミルクや練乳を入れてつくり置きしてある場合もあり、コーヒーはブラックでないとダメという私のような人は困ってしまいます。そういうときの最後の手段がネスカフェ。

「コピ・オー・コソンは無い」と言われた時、「ネスカフェ・オー・コソンはある?」と聞いてみます。

でも、インスタントコーヒーとクリームと砂糖を最初から混ぜてある「3 in 1」のネスカフェしかない場合はアウトです。ホテルの部屋に置いてあるコーヒーはだいたいこれです。


カラフルなPVC(ポリ塩化ビニル)の幅広の紐で編んだかごバッグ。
マレーシア、ボルネオ島のペナン族の伝統に裏打ちされた複雑で緻密な編み方で、実用性もしっかり確保されています。
Penan族のかごバッグについての解説はこちら、ショップはこちらです。
旅行に行って買うのが困難な今、海外旅行気分でひとついかがですか?

十万年も宇宙を放浪してきた彼らの目的は何なのか?
¥499- @amazon
¥0- kindle unlimited会員の方
どちらもkindleアプリでスマホ、タブレット、PCで読めます