イスラミックアートミュージアム

クアラルンプール駅から国立モスクの前を通り、歩いて10分もかからないところにあるイスラミックアートミュージアム。いろんな機会に5回ぐらい行きました。好みは色々あると思いますが、私にとってはマレーシアで行ったことのある博物館・美術館のなかでは一番のお気に入りです。

直線とするどい直角で構成される建物や展示室はスーパークリーン。清潔を重視するイスラム教を表現しているようです。



玄関



展示室

あとで知って驚きましたが、このミュージアムは私設でマレーシアの実業家サイド・モクタール・アルブカリ氏が設立したアルブカリ・ファウンデーションが運営しているそうです。

世界のイスラム美術に関する展示の中には、イスラム教徒でないと行くことができないメッカのカーバ神殿にかけてあった黒い布とか、なかなか珍しいものも置いてあります。

でもいちばん男心をくすぐるのは、世界各地のモスクの模型が展示されているフロア。カーバ神殿を取り囲む壮大なモスクの精密な模型や、地球上のものとは思えない造形のマリのモスクとか、写真でしか見たことがない有名なモスクの模型がずらっと並んでいます。


これはたぶんイスタンブールの「ブルーモスク」


唯一行ったことがある中国のお寺のような建物のモスクは写真しかなかった。残念。


ほかにもミュージアムの建物そのものにもイスラム文化を反映した美しい装飾が施されています。




ドームの装飾

そしていつも立ち寄るのがミュージアムのショップ。

イスラム美術に関するもの、タイルのレプリカや陶器、装飾品、布などのほか、書籍もセレクトされたものが並んでいます。イスラム教やイスラム美術に関する本の他にも、マレーシアの美術に関する分厚い本など、一般の書店ではなかなか手に入りそうにないものも並んでいます。ちなみにミュージアムの受付で「ショップだけ見に行く」と言ったら、入館料なしで入ることができました。

もう一つ。中にレストランがありますが、パキスタン人の知人いわく「ここのダール(南アジアの豆料理)は本場に負けない絶品だ」と言ってました。私は試したことはありませんが。

関連:KL観光はパサールセニ駅起点がおすすめ


カラフルなPVC(ポリ塩化ビニル)の幅広の紐で編んだかごバッグ。
マレーシア、ボルネオ島のペナン族の伝統に裏打ちされた複雑で緻密な編み方で、実用性もしっかり確保されています。
Penan族のかごバッグについての解説はこちら、ショップはこちらです。
旅行に行って買うのが困難な今、海外旅行気分でひとついかがですか?

十万年も宇宙を放浪してきた彼らの目的は何なのか?
¥499- @amazon
¥0- kindle unlimited会員の方
どちらもkindleアプリでスマホ、タブレット、PCで読めます

 

 

 

マスジッド・ジャメ

2015年の1月にマレーシアに来た時には既に工事が開始されていたような気がしますが、定かではありません。でも随分長い間工事をしていました。今年2月に来た時もまだ見ることができなかったように思いますが、4月に来たらとうとうお披露目されていました。

マスジッド・ジャメ(Masjid Jamek)はクアラルンプール(みんな親しみを込めてKLと呼びます)の街のスタート地点となった場所にあるモスク。ここはクラン川とゴンバック川の合流点にあり、クアラ(河口/合流点)ルンプール(泥)の地名の由来にもなった場所です。

1909年に建てられたこのモスクは大きな建物ではありませんが、繊細な姿はとても上品な感じでファンも多いのではないでしょうか。普通は入ることはできませんが、時間を限定してイスラム教徒以外でも中を観覧することができます。

 

ライトアップされているというので、夜来てみたらこのとおり。ブルーのライトを基調に、噴水も配置されカラフルにライトアップされています。驚いたのはこのもやもや。なんと川の護岸からスモークを噴出させて幻想的な雰囲気を醸し出しているのです。マレーシアらしいとても派手な演出に素直に感心してしまいました。

近くのLRT(都市鉄道)のマスジッド・ジャメ駅の通路には100mぐらいに渡って、この場所の歴史と街の発展の説明パネルが展示されています。長くKLで暮らして来た人たちにはとても思い入れの深い場所なんでしょうね。

 

モスクの観覧可能時間は下のとおり(2018年4月)。この近くにはKLの歴史を知ることができる劇「mud」を上演する劇場や、昼も夜のライトアップも美しい旧連邦事務局ビル(Sultan Abdul Samad Building)もあるので、ツーリストの人気の場所になっています。服装は肌を見せないなど指示に従う必要があります。


カラフルなPVC(ポリ塩化ビニル)の幅広の紐で編んだかごバッグ。
マレーシア、ボルネオ島のペナン族の伝統に裏打ちされた複雑で緻密な編み方で、実用性もしっかり確保されています。
Penan族のかごバッグについての解説はこちら、ショップはこちらです。
旅行に行って買うのが困難な今、海外旅行気分でひとついかがですか?

十万年も宇宙を放浪してきた彼らの目的は何なのか?
¥499- @amazon
¥0- kindle unlimited会員の方
どちらもkindleアプリでスマホ、タブレット、PCで読めます