KL トゥアンク・アブドゥル・ラーマン通り周辺のナイトマーケット

セントラルマーケットの横の道を北方向に歩いて行くと500mぐらいでマスジッド・ジャメ駅に着きます。道を歩いたり渡ったりするのに少し戸惑うかもしれませんが、このあたりは比較的歩きやすい場所です。

駅の北側あたりからは、クアラルンプールに2つあるリトル・インディアのうちの一つが広がっています。駅から伸びているアーケードには土産物屋の露店がたくさん。その先にはインド系のショップやショッピングモールが並んでいます。


そして、毎週土曜日には、ずらっと黄色いテントの露店が並びます。場所は、南北に走る大通りのJalan Tuanku Abdul Rahmanから一つ東に入ったあたり。

クアラルンプール市のHPを見ると100近くのナイトマーケットがあるみたいですが(リンク)ここもそのうちの一つ。ここのマーケットは夜だけではなくて、昼過ぎにはもうけっこう露店が並んで賑わっています。


露店はKLの文字が入ったこのテントを使っている
意外(?)とちゃんと管理されているみたい
Pasar Malamはナイトマーケットの意味

ここは、リトル・インディアと呼ばれるので露店はインド系なのかと思いきや、マレー系の店が多いようです。特に食べ物はマレーのものがよく並んでいます。



色つきご飯各種
青いのは花びらで着色している。トレンガヌとかクランタンとかマレー文化の濃いところでよく食べるらしい。味は普通のご飯。
奥にテーブルと椅子があってその場で食べることができる
手で食べている人も多いが、頼めばプラスチックのスプーンとフォークが出てくる(たぶん)。おかずは大体見た目通りの味がするので、好みで選べばとても美味しい。
露店のため衛生面がちょっと気になるので、試すなら早めの時間帯のほうがいいかも


お菓子
写真がないけれどいろんな種類のお菓子が売られている。安い。



いろんな食べ物
必ずしもマレーシアのものに限らない

そしてこの場所リトル・インディアは、生地や服飾の街としても有名。繊維製品の大生産国インドと関係が深いためでしょうか。ほとんど輸入品だと思いますが周りの建物には生地や服など繊維製品の店がいっぱい並んでいます。

露店にも服を売っている店はたくさんあるけれど、背後のビルにある店は夜は閉めているところが多いので、こういう店を覗くのであれば昼間に行く必要があります。


服を売る露店もたくさんある


最初の写真の看板は見にくいがGedung Kainと書いてある
Gedungはビル、Kainは布の意
小さな店がたくさん入ったビルがいくつかあるが、夜は閉まっているのが多かった
名古屋という店は各地にあるみたいで、マラッカにも大きな店があった
地元の人が使う比較的安価な布製品をたくさん並べてある
なぜ「名古屋」なのかは知りません



壁一面がショーウィンドーになっている繊維製品を売るビル

クアラルンプールとその周辺ではたくさんナイトマーケットをやっていてそれぞれ特徴もあるようです。ここは街の中心部にあってLRTを使った交通のアクセスも良く、さらにマスジッド・ジャメ(モスク)や独立広場など観光スポットにも近いわりには、旅行者にはあまり有名ではないみたいですね。日本語で紹介するサイトはほとんど見つかりませんでした。

一つの理由は土曜日しかやってないことでしょうか。それから、観光客向けではなく完全に地元の人向けといった感じなのが理由かもしれません。

でも、離れた場所のナイトマーケットに行くのはなかなか大変だし、日程さえ合えば雰囲気を味わうために一度は訪れてみてもいい場所じゃないかと思います。



セントラルマーケットからマスジッドジャメ駅に歩いてくる途中にあるレストラン
以前ぶらぶらした時に地元の人がたくさん食べているので入ってみたら美味しかった
牛肉団子麺とチキンライスがウリみたい
写真はチキンライス
残念なのはビールを置いてないこと!
soong kee beef ball noodleで検索すれば出てきます

よくガイドに出てくるColiseum Cafeもこのエリア
ボリュームのある洋食
横にバーもある

関連:KL観光はパサールセニ駅起点がおすすめ

 

 
スマホの音声アシスタントとの
対話を描くストーリー

 

 

関帝廟/ヒンドゥー寺院/セントラルマーケット

関帝廟はチャイナタウンの西の端の方にあって、パサールセニ駅からチャイナタウンへ歩いて行く時に近くを通ります。私にとっては「関帝廟って何?」という疑問がまだ解けていませんが、とにかくそこにあります。


関帝廟

一度入ったことがありますが、線香の煙が立ち込める中たくさんの来訪者がお祈りをしていました。その後ろの方に、重く長い鉄の棒(何かの武器を模したもの?)が倒れないように立てかけてあって、何人かの男性が力試しに持ち上げようとしていました。時々持ち上げる人がいましたが、非力な私ではビクともしなかったのが印象に残っています。

その道を挟んだ斜め向かい、わずか50mほどのところにあるのが、ヒンドゥー教のスリ・マハ・マリアマン寺院。多民族国家マレーシアらしいですね。


スリ・マハ・マリアマン寺院


入り口の塔はなかなか見事


とてもカラフル

ヒンドゥー教の奇祭タイプーサムの際は、この寺院を夜出発した苦行者の行列が北方10kmぐらいのところにあるバトゥ洞窟まで歩いて行くそうです。

というわけで、その出発の様子を見ようと夜出かけた時の写真が下ですが、何かが間違っていたらしく、全く閑散としていました。


入り口で靴を預けて裸足になれば中に入れてもらえる

タイプーサムの時のバトゥケーブ(洞窟)

セントラルマーケットはLRTのパサールセニ駅から見える距離にあります。内部にはマレーシアの各種お土産屋さんが集合しています。たいていの定番のお土産はここで見つかるのではないでしょうか。ハンディクラフトのほか、お菓子などの食品やなまこ石鹸なども売ってます。交通の便もいいし、一度はのぞいてみることをお勧めします。


セントラルマーケット


内部


これは少数民族による手工芸品


2階にはバティックなどの布製品の店がたくさん並んでいる


2階のフードコートでは手軽にマレーシア料理が食べられる

先日3階にもフードコートがあるのを発見!
ここで働いている従業員向けの食堂のようでした


関連:KL観光はパサールセニ駅起点がおすすめ

 

 
スマホの音声アシスタントとの
対話を描くストーリー

 

 

チャイナタウン(クアラルンプール)

日本とマレーシア以外のいわゆるチャイナタウンには行ったことがないので、クアラルンプールのチャイナタウンが他の国のものと比べてどうなのかはよくわかりません。

一つ言えるのは横浜の中華街のように大小さまざまの食べ物店が並んでいるというより、安い雑貨(偽ブランド品含む)の屋台がずらっと並んでいるのが特徴です。屋台だけを見ていると、各地でやっているナイトマーケットと売っているものは大差なさそうです。

ただし、チャイナタウンと言うとおり、ここはもちろんもとからの街があって、そこにはレストランやいろんなショップ、ホテル、真ん中には地元の人が通う市場があったり、歴史を感じる建物も多くて、見てまわる価値は十分あると思います。

私も何かを買うことはあまりありませんが、気軽に行ける場所なので何度もうろうろしている場所です。

チャイナタウンのガイドはたくさん出ているし、私は特に詳しいわけではありませんが、写真をいくつか並べておきます。


チャイナタウンの入り口、これは北側の門
これを突っ切った反対側にも門がある



夜のにぎわい

東の端を南北に走る通り(Jalan Sultan)沿いにはレストランが多い

ここのあさりソバにはまった人がいた
あさり多すぎ!
(Petaling Streetの北門の道を挟んだ向こう側、少しセントラルマーケット寄り)

小さな市場
魚屋や地元の人が食事する場所などがあったが、特におもしろそうなものはなかった
昼間覗いた限りでは不安は感じなかった
(この入り口は関帝廟のすぐ横)


こちらは入り口周辺にTATTOO(刺青)屋がいっぱい
入りませんでした
 
亀ゼリーの恭和堂
香港の店?
Petaling Streetの門のすぐ横、南北どちらの門の横にもある

アクセサリーや首飾りの材料を売っている店
高級ではないけどものすごい種類
中国からの輸入だろうか
(関帝廟の真向かい)


これは飾り付け用品専門店
店舗向けの業務用だと思う
こんな店がほかにもあった


モダンなカフェもある
休憩に最適


左下はレゲエ・バー(Reggae Bar)
ちゃんと酒が飲める店はこのあたりではここしか知らない
中華料理店はビールばっかりですからね
(関帝廟のある通り)

ウォールアート
残念ながら先日行ったら工事で無くなっていました


見えにくい場所だけど、こんなにカラフルにしている
ナシレマ(マレー系の代表的料理)ののぼりがあるのが面白い
マレーシア人は食べ物には貪欲で、民族なんか関係なく美味しいものを求める


街角で見つけたトラック
SPY LOGISTICSと書いてある
運送会社のようだが去年空港で暗殺事件があったこの国...笑えない(笑)

関連:KL観光はパサールセニ駅起点がおすすめ

 

 
スマホの音声アシスタントとの
対話を描くストーリー