マレーシアでよく使われる略語

どこの国でも略語を使いますが、マレーシアはかなり頻繁に使うほうなんじゃないかと思います。


<地名>

マレーシア人も外国人も日常的に使うのが”KL”(ケー・エル)。クアラルンプール(Kuala Lumpur)のことです。

外国人としては最初は略語で言うのが恥ずかしかったりしますが、日本人でもマレーシアに住み始めた人はすぐ”KL”を使い始めるんじゃないかと思います。

日本人的には会話の中で”クアラルンプール”と言うのは、発音がやや面倒くさいですよね。KLに慣れるとなかなか戻れなくなります。

でも、マレーシア人はKuala Lumpurとフルに発音するケースが意外にあるように思います。

少し抑揚をつけると発音しやすくなるのと、フルでいうときのマレーシア人は、この街に誇りを持っているというニュアンスを込めているような気がします。

地名といえば、KL周辺の人は”PJ”(ピー・ジェイ)もよく使います。ペタリン・ジャヤです。KL市を取り囲むセランゴール州の市ですが、とても発展しているところ。

マレーシア人と会話していて”Petaling Jaya”とフルにいう人はほとんど聞いたことがありません。

Kuala Lumpurとは違って、こちらの場合はニックネーム的な”PJ”と親しみを込めて呼ぶ方が、ちょっと誇らしげなイメージを出していると感じます。

他には、”KK”=コタキナバル、”JB”=ジョホールバルなどの地名の略語がありますが、KLにいるとこの地名が会話に出る頻度は少ないので、私はあまり使いません。マレーシア人と会話していて、はっきりと誤解が起きないときに使う程度です。

<空港、マレーシア航空>

旅行者をはじめ、マレーシアへ来る外国人の多くが最初に使うクアラルンプール国際空港は”KLIA”。すっかりこの呼び方で定着していますね。

例えばタクシーでKLIAへ行く時も、単に”エアポート”とか”インターナショナル・エアポート”と言ってしまうと、近くにあるスバン空港(正式にはSultan Abdul Aziz Shah Airport)と区別がつかなくなってしまうので、KLIA(あるいはLCC用のKLIA2)と言う必要があります。スバン空港は国内線の一部とシンガポール線の一部で使われています。

マレーシア航空の以前の会社名はMalaysia Airline Systemだったので、20年前に住んでいた時の記憶から私は”MAS“(マス)と今でも言ってしまいます。

<政治、政治家>

新聞とかデジタルニュースを見ていると、政治関係の略語がいっぱい使われます。”PM”はPerdana Menteri(マレー語)またはPrime Ministerの略で首相の意味、”DPM”はDeputy Prime Ministerで副首相のことです。

MP”は国会議員(Member of Parliament)。このあたりは英語圏で使われる用語みたいです。

ほかに、”MB”というのがありますが、これは州首相(Menteri Besar(マレー語))。ただし、王様のいない州の州首相には別の名称があります。ああややこしい。

個人にも略称が使われることがあります。よく見るのは”Dr M”。マハティールさんのことですね。

5月の選挙で野党所属になってしまった政治家Khairy Jamaluddin氏は親しみを込めて”KJ”と書かれているのをよく見ます。

政党名は略称のオンパレードですね。

与党連合の”PH”(Pakatan Harapan(マレー語))を構成するのがPKR、DAP、PPBM(Bersatu)、Amanah(これは略語じゃないみたい)など。

野党連合”BN”(Barisan Nasional(マレー語))を構成するのがUMNO、MIC、MCA。

他にPASなどの政党もあります。

<その他>

BM”って何?車のこと?と今でもときどき戸惑いますが、Bahasa Malaysiaでマレー語というかマレーシア語のこと。

KLに住む人なら”DBKL”はすぐに覚えると思いますが、Dewan Bandaraya KL(マレー語)でKL市役所のことです。”DBKK“ならコタキナバル市役所です。

LRT”と”MRT”は両方とも都市やその近郊の鉄道のこと。LRTの方が輸送量が小さくて軽量です。マレーシアに限らず他でも使う用語です。

JPJ”はJabatan Pengangkutan Jalan(マレー語)で、マレーシアで車に乗る人は必ず関係する日本でいうと陸運局みたいな役所です。

KTM“(”KTMB”)はKeretapi Tanah Melayu (Berhad)でマレー鉄道(会社)。KTMが走らせる長距離の都市間電車が”ETS”でElectric Train Service。同じくKTMが走らせるKL近郊など近距離の電車はKomuter(通勤線)と呼ばれています。

会社名の後につく”SDN BHD”(スンディリアン・ブルハド)は非公開会社、”BHD”は公開会社という意味らしいです。BHDのみがつく会社の規模はふつう大きいです。


カラフルなPVC(ポリ塩化ビニル)の幅広の紐で編んだかごバッグ。
マレーシア、ボルネオ島のペナン族の伝統に裏打ちされた複雑で緻密な編み方で、実用性もしっかり確保されています。
Penan族のかごバッグについての解説はこちら、ショップはこちらです。
旅行に行って買うのが困難な今、海外旅行気分でひとついかがですか?

十万年も宇宙を放浪してきた彼らの目的は何なのか?
¥499- @amazon
¥0- kindle unlimited会員の方
どちらもkindleアプリでスマホ、タブレット、PCで読めます

 

 

 

イスラミックアートミュージアム

クアラルンプール駅から国立モスクの前を通り、歩いて10分もかからないところにあるイスラミックアートミュージアム。いろんな機会に5回ぐらい行きました。好みは色々あると思いますが、私にとってはマレーシアで行ったことのある博物館・美術館のなかでは一番のお気に入りです。

直線とするどい直角で構成される建物や展示室はスーパークリーン。清潔を重視するイスラム教を表現しているようです。



玄関



展示室

あとで知って驚きましたが、このミュージアムは私設でマレーシアの実業家サイド・モクタール・アルブカリ氏が設立したアルブカリ・ファウンデーションが運営しているそうです。

世界のイスラム美術に関する展示の中には、イスラム教徒でないと行くことができないメッカのカーバ神殿にかけてあった黒い布とか、なかなか珍しいものも置いてあります。

でもいちばん男心をくすぐるのは、世界各地のモスクの模型が展示されているフロア。カーバ神殿を取り囲む壮大なモスクの精密な模型や、地球上のものとは思えない造形のマリのモスクとか、写真でしか見たことがない有名なモスクの模型がずらっと並んでいます。


これはたぶんイスタンブールの「ブルーモスク」


唯一行ったことがある中国のお寺のような建物のモスクは写真しかなかった。残念。


ほかにもミュージアムの建物そのものにもイスラム文化を反映した美しい装飾が施されています。




ドームの装飾

そしていつも立ち寄るのがミュージアムのショップ。

イスラム美術に関するもの、タイルのレプリカや陶器、装飾品、布などのほか、書籍もセレクトされたものが並んでいます。イスラム教やイスラム美術に関する本の他にも、マレーシアの美術に関する分厚い本など、一般の書店ではなかなか手に入りそうにないものも並んでいます。ちなみにミュージアムの受付で「ショップだけ見に行く」と言ったら、入館料なしで入ることができました。

もう一つ。中にレストランがありますが、パキスタン人の知人いわく「ここのダール(南アジアの豆料理)は本場に負けない絶品だ」と言ってました。私は試したことはありませんが。

関連:KL観光はパサールセニ駅起点がおすすめ


カラフルなPVC(ポリ塩化ビニル)の幅広の紐で編んだかごバッグ。
マレーシア、ボルネオ島のペナン族の伝統に裏打ちされた複雑で緻密な編み方で、実用性もしっかり確保されています。
Penan族のかごバッグについての解説はこちら、ショップはこちらです。
旅行に行って買うのが困難な今、海外旅行気分でひとついかがですか?

十万年も宇宙を放浪してきた彼らの目的は何なのか?
¥499- @amazon
¥0- kindle unlimited会員の方
どちらもkindleアプリでスマホ、タブレット、PCで読めます

 

 

 

あれ、今年の独立記念日(ムルデカ・デイ)のお祝いはプトラジャヤでやるらしい

毎年、8月31日のマレーシア独立記念日のお祝いはクアラルンプールのムルデカ広場でやっていたのに、今年はプトラジャヤ(クアラルンプールから25kmほど離れた行政都市)でやることになってるみたいです。

5月の選挙でマレーシア始まって以来の政権交代があったので、気分一新ということでしょうか。独立記念日のためにロゴを公募で決めたり、歌も新しく作ったようです。

これまでのお祝いでは、国王はじめ首相や閣僚、各国要人なども集まり、パレードやマスゲームを盛大にやっていました。空には戦闘機やヘリコプターが轟音をあげて飛ぶのでKLにいればどこでも「あ、やってる」とわかりました。

ムルデカ広場はものすごい混雑になるので普通はTVで観るのですが、2016年だけ思い立って観に行ったことがあります。でも、よほど早く行かないといい席は取れず人垣に埋もれて終わってしまいました。

今年は新生マレーシアを祝う特別な独立記念日になりそうですね。

2016年の独立記念日



大混雑


お祭り騒ぎ


戦闘機は速すぎて撮れなかった


広場では海でテロリストか海賊かを取り押さえるデモンストレーションがあった
周辺の海の安全確保はマレーシアの重要な課題

 


カラフルなPVC(ポリ塩化ビニル)の幅広の紐で編んだかごバッグ。
マレーシア、ボルネオ島のペナン族の伝統に裏打ちされた複雑で緻密な編み方で、実用性もしっかり確保されています。
Penan族のかごバッグについての解説はこちら、ショップはこちらです。
旅行に行って買うのが困難な今、海外旅行気分でひとついかがですか?

十万年も宇宙を放浪してきた彼らの目的は何なのか?
¥499- @amazon
¥0- kindle unlimited会員の方
どちらもkindleアプリでスマホ、タブレット、PCで読めます