KL バードパークとバタフライパーク

バードパークはイスラミックアートミュージアムのすぐ後ろのジャングルにあるけれど、入り口が丘の上の方にあるので歩いて行くにはちょっときついと思います。タクシーで行くのが無難でしょう。

ようするに巨大な鳥かごにたくさんの鳥が放し飼いにされていて、その中に人間が入って行くという感じの場所です。ここも好きで何度か訪れました。


マレーシアの国鳥ホーンビルもいる


レストランの軒に飛んできた

中はいくつかのゾーンに分かれていますが、かなり広くて散歩をしながら珍しい鳥を間近でみることができます。大人でも楽しめるし、小さな子供さんがいればきっと喜ぶでしょう。

ずっと昔、ボルネオ島の東の方に行った時に(今はこの地域は海賊が出るので危険とされている)野生のホーンビルが飛んでいるのを見て、「さすが自然が豊か!」と感激した記憶があります。

でも2年ほど前にKLの北の方にある動物園のそばを車で走っていたら、ホーンビルらしき大きな鳥が飛んでいるのを見て「あれっ?」と思ったことがありました。あれは何だったんだろう。動物園から逃げ出したんだろうか?


園内はかなり広い
これは滝の裏側


クジャクが羽を広げるのも何度か見た


道端のクジャク


ペリカン系?


小川で魚を獲ってたりする

 

バードパークの北側にあるのが、バタフライパーク。ここはバードパークよりも近く、クアラルンプール駅から歩いていけるかもしれません。

ここも、大きさはバードパークより小さいけれど虫かごの中に人が入るような感じ。中に蝶が放されています。蝶のほかに珍しい昆虫を集めたコーナーがありますが私はこっちの方が好き。


マレーシアは珍しい蝶の宝庫だそう


巨大なキリギリス


人面カメムシ
なんでこんなのがいるんだろう
月代を伸ばした白髪混じりの江戸の町人がモデル?

関連:KL観光はパサールセニ駅起点がおすすめ


カラフルなPVC(ポリ塩化ビニル)の幅広の紐で編んだかごバッグ。
マレーシア、ボルネオ島のペナン族の伝統に裏打ちされた複雑で緻密な編み方で、実用性もしっかり確保されています。
Penan族のかごバッグについての解説はこちら、ショップはこちらです。
旅行に行って買うのが困難な今、海外旅行気分でひとついかがですか?

十万年も宇宙を放浪してきた彼らの目的は何なのか?
¥499- @amazon
¥0- kindle unlimited会員の方
どちらもkindleアプリでスマホ、タブレット、PCで読めます

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です