マレーシアの猫

犬の写真は全く無かったけれど、2年半の間に撮った写真をしらべたら猫の写真はたくさんありました。

イスラム教徒にとって猫は理想のペットみたいですね。犬と比べてこの扱いの違いは何なんだろうと思うほどです。

猫の街として有名なサラワク州の州都クチンは「猫」の意味だし、マレーシア中どこの街に行っても猫がいて住民がかわいがっています。

屋台なんかで食事をしているとすぐに寄ってくるので、客がおすそ分けをしたりして店の人も追っ払うという感じではありません。

私は特に猫が好きというわけではありませんが、2年半の間持ち歩いたスマホでいろんな写真を撮っているなかに、猫の写真がけっこうありました。ほとんど無意識に撮っていたと言う感じですね(下の写真)。

そうそう、まったくの余談ですが猫で思い出しました。犬の話の中にマレーシアに初めて住んだ最初の頃の話を書きましたが、猫は怖くない私は、マレーシアの道端の猫によく声をかけたものです。「こっちおいで!」という感じですね。

でも、初めての海外生活で頭が混乱していた私は、この頃猫に英語で話しかけていました。せめてマレー語にしろ!とあとで自分にツッコミを入れることに。。。

猫と関係ないけどもう一つ思い出しました。やはり同じ頃、日本から持ってきたサザンオールスターズのCDを初めてこちらのCDプレーヤーにかける時、「このプレーヤー日本語の歌は大丈夫かな?」と一瞬本気で考えたこと!

やはり、初めての海外生活というのはストレスがかかるんですね!(笑)


タイピンの猫


イポー




ケニンガウあたり


コタキナバル


セランゴール



クアラルンプール




クチン
(クチンでは本物の猫は見なかったようで、写真はなかった)

他にもありました(2018年12月追加)

クアラルンプール


プトラジャヤ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です