関帝廟/ヒンドゥー寺院/セントラルマーケット

関帝廟はチャイナタウンの西の端の方にあって、パサールセニ駅からチャイナタウンへ歩いて行く時に近くを通ります。私にとっては「関帝廟って何?」という疑問がまだ解けていませんが、とにかくそこにあります。


関帝廟

一度入ったことがありますが、線香の煙が立ち込める中たくさんの来訪者がお祈りをしていました。その後ろの方に、重く長い鉄の棒(何かの武器を模したもの?)が倒れないように立てかけてあって、何人かの男性が力試しに持ち上げようとしていました。時々持ち上げる人がいましたが、非力な私ではビクともしなかったのが印象に残っています。

その道を挟んだ斜め向かい、わずか50mほどのところにあるのが、ヒンドゥー教のスリ・マハ・マリアマン寺院。多民族国家マレーシアらしいですね。


スリ・マハ・マリアマン寺院


入り口の塔はなかなか見事


とてもカラフル

ヒンドゥー教の奇祭タイプーサムの際は、この寺院を夜出発した苦行者の行列が北方10kmぐらいのところにあるバトゥ洞窟まで歩いて行くそうです。

というわけで、その出発の様子を見ようと夜出かけた時の写真が下ですが、何かが間違っていたらしく、全く閑散としていました。


入り口で靴を預けて裸足になれば中に入れてもらえる

タイプーサムの時のバトゥケーブ(洞窟)

セントラルマーケットはLRTのパサールセニ駅から見える距離にあります。内部にはマレーシアの各種お土産屋さんが集合しています。たいていの定番のお土産はここで見つかるのではないでしょうか。ハンディクラフトのほか、お菓子などの食品やなまこ石鹸なども売ってます。交通の便もいいし、一度はのぞいてみることをお勧めします。


セントラルマーケット


内部


これは少数民族による手工芸品


2階にはバティックなどの布製品の店がたくさん並んでいる


2階のフードコートでは手軽にマレーシア料理が食べられる

先日3階にもフードコートがあるのを発見!
ここで働いている従業員向けの食堂のようでした


関連:KL観光はパサールセニ駅起点がおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です