兼高かおる世界の旅の思い出

兼高かおるさんが先日お亡くなりになりました。とても残念です。

まだ小さい子供の頃、両親が「兼高かおる世界の旅」がとても好きで、毎週日曜の朝に一緒にテレビを見ていました。3〜4歳の頃にはもう見ていたはずです。小さな家だったので、ときには布団に入ったまま家族みんなで見ていました。

カラー放送は始まっていたかもしれませんが、最初は白黒のテレビで見ていたあの番組の雰囲気はよく覚えています。「80日間世界一周」のテーマ曲とパンナムの宣伝も強く印象に残っています。

子供だったけれど、これは外国の映像でとても自分が行けるところじゃないんだとは理解していました。でも、毎週とても楽しみにして興味を持って見ていたのは、家族の平和な時間と結びついていたからかもしれません。

それから、外国とは全く縁なく20年を過ごした大学生の頃、海外旅行をする夢を何度も何度も見るようになりました。抑圧されていたんですね。きっと、この番組の影響で子供の頃からずっと外国にあこがれを持っていたのに、まったく海外に行く機会なんてない自分にだんだん焦りを感じてきたんだと思います。

けっきょく、卒業間際に大学の先生にお金を借りて友人とヨーロッパに3週間ほど行ってから、その夢はパッタリと見なくなりました。でも、その後の仕事選びでも外国へのあこがれはしっかり影響を及ぼしています。マレーシアとの縁は「兼高かおる世界の旅」と間違いなく結びついています。

いまでもあの頃のことを思い出すと、あの時代の雰囲気がよみがえってきます。うちは貧しかったけれど、社会には右肩上がりの希望が満ちていたことは子供ながらに感じていました。こんなことを言うとは歳をとったんですね。

国際化とは全く関係なさそうな地方都市に育った私に、世界への扉を開いてくれた兼高かおるさんとこの番組にはとても感謝しています。

ご冥福をお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です