Macで縦書き小説を書いて、電子書籍としてAmazonで出す時に使ったアプリケーション

何編か小説を書き、自力で電子書籍にしてAmazon Kindle ダイレクト・パブリッシングに出してきましたが、その時に使用したアプリケーションについて書いておきます。

1.Hagoromo

リッチテキストエディターと言うみたいです。テキストエディターはワープロよりもシンプルで軽く、大量の文字を扱うのに適していますが、それにある程度の装飾機能などが加わったものだそうです。

テキストエディターとワープロの中間ぐらいだということですね。基本的には全てこれで書いています。


背景色やカーソル位置の表示色は自由に変えられます

3年前にこれを買った時には、Macの縦書きソフトにはあまり選択肢がなく、有料だったのですがこれを買いました。

いろんな設定をした時の動作がややわかりにくい場合があり、最初は手こずりましたが、自分の設定を決めてしまってからはとても快調に書くことができます。

エディターにはアウトライン機能というのがついているものがあり、例えば章ごとに文章を折りたたんで、全体を見やすくする機能です。

Hagoromoにもアウトライン機能がついていて、長文の小説など、この機能がなければとても書けませんでした。


アウトライン機能を使って折りたたんだところ

Amazonのサイトにアップロードをする時のファイル形式はいくつか決まっていますが、色々試してみてEPUBという形式がおすすめです。

Hagoromoの書き出し機能を使えばEPUBにすることができます。

Hagoromoには目次作成機能もついており、基本的にはHagoromoだけでアップロードまで完結できると思います。

 

2.Pages

Macを買うと付いてくるワープロソフトですね。2019年から縦書きに対応できるようになったため、今ならPagesで書くこともできそうです。

しかし、PagesからAmazonにアップロードする時に、やや面倒な作業をしなければなりません。

やはりEPUBに変換してからアップロードするのですが、Pagesで縦書き文章を書いてからEPUBにしても、そのままアップロードすると縦書きにならず、横書きになってしまいます。

この問題はやっかいで散々調べましたが、ようやくたどり着いたのが下のwebページの方法(リンクは貼ってません。文字で検索してください)。

Pagesで作成した縦書きのEPUBが横書きになる時の対処法

電子書籍は公開前に体裁や書籍内のリンクの動作などをプレビューワーで確認しますが、これでうまく縦書きになった時には感動してしまいました。このページを書かれた方には感謝しかありません。

実は、Hagoromoで目次作成をすることができると書きましたが、最初はそれがよくわかっておらず、Hagoromoで文章を書いてPagesにコピペをして、Pagesで目次とリンク貼りをやって出版しようとしてたからです。

リンク貼りなどではPagesのほうが自由度が多く、やり方もとてもわかりやすいので、私はこれからもHagoromo → Pages の流れでやろうと思っています。

なお、HagoromoからPagesにコピペすると、ルビが落ちてしまいますのでご注意を。

 

3.GIMP

画像編集・加工ソフトです。電子書籍の表紙作りのために使っています。

なぜ、こんなに高機能の画像加工ソフトが無料で利用できるのか、正直言って不思議です。これで作った画像を商用利用することも構わないと明記されています(FAQにある)。ネット検索するとその辺りのことを書いた記事がいくつか見つかります。

ただ高機能なため、慣れるまで最初は大変かもしれません。でも、いくつか画像を作っているうちに自分好みの機能を覚えてしまい、それをメインに使いながら画像を作ると本当に楽しくなって、没頭してしまうこともあります。

開発している人に対しての失礼を承知で言うと、このGIMPを使って最も良いところは、うまくいかなくても腹が立たないこと!これに尽きます。

使っていると一部機能が動かなかったり、妙な動きをしたり、分かりにくかったりということもあるんですが、無料で使わせてもらってるんだから、と思えば全く腹も立ちません。しばらくすると改善されていたりもしますしね。

私は絵心が全くないため、これを使う時は全て写真をベースにしています。写真を撮ってきて、切り取ったり、色んな効果を加えたり、重ねたりということです。

GIMPのホームページにはDonation(寄付)を受け付けると書かれていますので、もし印税をがっぽり稼いだら寄付しようと思います。もし、ですけどね(笑)。


十万年も宇宙を放浪してきた彼らの目的は何なのか?
¥499- @amazon
¥0- kindle unlimited会員の方
どちらもkindleアプリでスマホ、タブレット、PCで読めます

<収録作>
妖怪タケカンパケタ
オウムアムアむ
デジャヴ
りょうこの誘惑
得失点差の小さい男

¥160- @amazon
¥0- kindle unlimited会員の方
どちらもkindleアプリでスマホ、タブレット、PCで読めます

神社のこと(4)ー 古銭

1200年もの歴史がある神社だから、古銭が落ちていてもおかしくありません。子供の目は地面に近いし、視力もいいし、なにより大人が行かないようなところに行って直接地面を触ったりするから、何度か古銭を拾ったことがありました。

それでも子供の頃からずっとこの神社で遊んでいて、拾ったことは4〜5回しか記憶がないから、やはり珍しいことは確か。

拾ったのは賽銭箱のまわりというわけではなく、大抵は木の根が張っている場所だったような気がします。

人が通りにくい場所だし、落ち葉などを掃除しても木の根があるから土がなかなか剥がされないので、埋まったままになっていたんでしょう。そこを子供だから足で蹴ったり、何か虫でも追いかけたりしているうちに見つけたんだと思います。あまりに珍しいことだから、わざわざ古銭を探し回ったというほどの記憶はありません。

見つけたのは、大正前後のコインと、穴あき銭をたしか2度ほど見つけたような気がします。

子供の頃唯一名前を知っていた穴あき銭は寛永通宝でしたが、拾ったものがその寛永通宝でなかったのは確か。何度か名前を聞いたことがある寛永通宝ではなかったので、少し残念に思った記憶があるからです。

でも、「和」の字が入っていたような記憶が。。。和同開珎なら最古級で、いま調べると高値で取引されているようですね。当時インターネットもないから調べる手段も少なかったけれど、なんとか親か兄弟に調べてもらった結果は、全然珍しいものではなかったと判明してさらにがっかりしたことを覚えています。

ただし! その一方で、調べてもらって交わした会話の記憶に「「和同開ほう」だったらよかったのにね。これは「和同開ちん」だからきっとめずらしくないやつだね」というふうな、「よく似てるけど惜しかった」感の記憶もあるんです。

今調べると、「和同開ほう」も「和同開ちん」も同じ「和同開珎」じゃないですか! 読み方に論争があるということのようです。

「珎」の字をまさか「ほう」と読むとは思えず、「和同開ほう」はきっと「和同開宝」と書いてあるのだと今の今まで思っていました。

まあ、今になって都合のいい記憶の書き換えが起こっているのかもしれないけれど、真相はどうだったんだろうととても気になって来ました。1200年の歴史があれば和同開珎が落ちていても不思議じゃないですからね。あの頃は当然のように家に持って帰って貯金箱に入れておきましたが、いつのまにやら貯金箱ごと姿を消してしまいました。

子供でしたが、古銭を拾った時にはやはりどのくらいの価値があるのか、と考えました。でもそれだけではなく、何百年も前の人のことを想像したのも確かです。覚えているのは、ちょんまげを結って着物を着た人が、いま自分がいる木立の陰で、誰かに会ってる時にお金を落としたシーンを思い浮かべたことがあること。

長い間変わらない神社は、タイムトリップをさせる場所でもありますね。


十万年も宇宙を放浪してきた彼らの目的は何なのか?
¥499- @amazon
¥0- kindle unlimited会員の方
どちらもkindleアプリでスマホ、タブレット、PCで読めます


カラフルなPVC(ポリ塩化ビニル)の平たい紐で編んだかごバッグ。 マレーシア、ボルネオ島のペナン族の伝統に裏打ちされた複雑で緻密な編み方で、実用性もしっかり確保されています。 Penan族のかごバッグについての解説はこちら、ショップはこちらです。 旅行に行って買うのが困難な今、海外旅行気分でひとついかがですか?

 

 

りょうこの誘惑(3)ーシュレーディンガーの猫がもつれる表紙

短編集の中に入れていた「りょうこの誘惑」という話を切り出して、アマゾンで売りに出そうと思い、下の表紙をつくって審査にだしたら、見事アダルトカテゴリーに入れられてしまいました。


ボツになった「りょうこの誘惑」の表紙

確かに下品な話を書いてあるんですが、別にNGワードが書かれているわけではないし、センスとユーモア溢れる(笑)内容のはずなのにとっても残念。タイトルと表紙の印象で通常カテゴリーからはじかれてしまったようです。

そもそも、量子力学の話題をネットで勉強して書いた話だから、アダルトカテゴリーだと思ってこの話を読んだ人は怒るだろうと思い、あきらめて取り下げました。

ちなみに、ボツになったこの話の紹介文は以下のとおりです。

『科学の進歩は意外なところから始まることもある。
それがネット掲示板の書き込みであったとしても、人類にとって計り知れない価値を持つ可能性だってあるのだ…いや、ないか。最新科学をネットで調べて独自解釈した、超短編ナンセンスSF。
(本作品は「短編集 得失点差の小さい男 他四編」に収録されています)』

自分では話の中身もとても気に入っているんですが、表紙を作る時に思いついたこの二匹の猫の絵も抜群に気に入ってしまいました。

量子力学では、生きてる状態と死んでる状態が重ね合わさった状態の「シュレディンガーの猫」という思考実験が有名で、よく解説書なんかに猫のイラストが使われます。

もうひとつ、この話の鍵である「量子もつれ」という現象を合わせて表現したこの表紙の画像。いいと思うけどなぁ。

なぜこの表紙が量子もつれと関係があるのかと思った人は、ぜひ「量子もつれ」という言葉でネットの画像検索をしてみてください。

というわけで、この話は↓の短編集にひっそりと入っていますので、よろしかったらどうぞ。


<収録作>
妖怪タケカンパケタ
オウムアムアむ
デジャヴ
りょうこの誘惑
得失点差の小さい男

¥160- @amazon
¥0- kindle unlimited会員の方
どちらもkindleアプリでスマホ、タブレット、PCで読めます

 

補足:ちなみに、この猫の絵の元になった写真はこのブログ記事にあるマレーシアで撮った猫です。

一つ疑問が湧いて来た。なぜ黒と赤の組み合わせがエロティックな印象を与えるんだろう?自分もこの色の組み合わせを使ったから、自然に頭に入ってるんだけど、赤はまあわかるとしても、なぜ黒なんだろうか?変なサイトの見すぎなのか?

 

「シライン」もよろしく↓


十万年も宇宙を放浪してきた彼らの目的は何なのか?
¥499- @amazon
¥0- kindle unlimited会員の方
どちらもkindleアプリでスマホ、タブレット、PCで読めます