坐骨神経痛はつらかったよ

4月に坐骨神経痛になり、ほぼ二週間寝たきり状態。トイレに行くのも壁を伝ってヨタヨタという状況が続いた。幸いにもこれまで入院したことはなく、これほど長い期間動くことができなくなったのは初めてではなかったかと思われる。

時、折しもコロナウィルスの蔓延で緊急事態宣言が出て二週間ほどした頃。これも生まれて初めて、家にこもっていることが積極的に肯定されるという珍しい状況だったので、寝たきりになっていることがさほど精神的負担にならなかったのは幸い。

しかし身体的負担は大きかった。よろよろとながらも起きることが増えたのは三週間ぐらいしてから。でも、基本はソファに寝転んだまま。痛みも常にあるのでなかなか考え事もできない。

ましになったのは6月頃。極度の運動不足に陥っていたので、そろそろとリハビリのウォーキングを始める。しかし、やはり無理は禁物だ。少し調子が良いからと軽くジョギングをしてみたら翌日に痛みがぶり返してしまった。

またしばらく慎重な生活をして、ようやく日常的な動きに支障がなくなって来たのは8月頃から。今はときどきジョギングにも行くようになった。まあ、これがそもそもの神経痛の原因だという説もあるが。

、、、と苦しみながらも6月頃からは意識を集中してパソコンを打てるようになったので、3月から始めた大作の執筆を再開できた。でも、あまりに大作過ぎて完成の目処が立たないのが問題。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です