クアラルンプール駅の歩き方

前回LRTパサール・セニ駅周辺の見どころについて書きましたが(こちら)、このすぐ近くにあるクアラルンプール駅は歴史のある駅で建物も素晴らしいものです。

全体の雰囲気がわかる写真はピンボケのものしかありませんでした。すみません。。。


駅は大きいのでなかなか全景を写すのが難しい

この駅は19世紀末頃にできたとのこと。隣のKLセントラル駅ができるまではマレーシアの鉄道の中心駅でした。バンコクからシンガポールまで繋がる有名なマレー鉄道の中でも中心的な位置を占めていたのでしょう。

エキゾチックな長距離列車の起点・終点としてはとっても情緒があってよかったんだろうと思います。今マレー鉄道は近代的なKLセントラル駅を中心に運行されています。


駅の向かいにはマレーシア鉄道公社(KTMB)の本社ビルがある
こちらも大変立派な建物

実はこのクアラルンプール駅、わざわざ見に行くまでもなくLRTパサール・セニ駅から歩いて国立モスク(マスジッド・ネガラ)の方に行く時に、通路として通ることになります。

LRTの横をクラン川が流れていますが、この川を渡る橋というか通路がパサール・セニ駅から出ています。

通路をずっと辿って行くと、最後はこのクアラルンプール駅のホームの端っこに出ます。(途中の分岐を反対側に行くと中央郵便局に着く)


クラン川を渡る通路


通路から見たクラン川とパサール・セニ駅(左)

その後はなんと、このホームを歩いてメインの駅ビルの方に向かいます。


ホーム端のこんな感じの陸橋から降りてくる


ここを歩いて行く
隣は通勤線のホームとして使用されている

このホームは使用されておらず、改札のチェック無しに通行できるようになっています。なにせ列車の駅だから結構な距離を歩きますが、あのマレー鉄道の駅だと思って歴史を感じながら歩けばなんとか耐えられる!?


たまには貨物列車が停まっている
(沿線に住んでいたので、夜中3時ごろにとても長い編成の貨物列車がゴトンゴトンと走る音をよく聞きました)

出口に自動改札の機械があって一瞬「あれっ?」と思いますが、この改札は動いておらず、素通りして外の通路に出ます。


改札の機械は停止している

そして一歩外に出るとこの重厚な雰囲気の通路が。。。


暗いけどなかなかいい雰囲気

それにしてもいつも思うのはこれだけ歴史があって立派な駅があるのに、観光資源としてあんまり活用していないんです。 駅ビルを活用したホテルもあるみたいだけれども、駅周りに観光客がたくさんいるわけでもなく、もう少しなんとかしないんでしょうかね。

最後に、この駅から道を挟んで少し行ったところのマジェスティック・ホテルやマスジッド・ネガラに行くには道を横断しなければなりませんが、地下道で横断できるようになっていますのでご参考まで。


地下道の出口(左の半円形)
(出たところはKTMB本社ビルの前です)


ホームの反対側の端から


モスクみたいなデザイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です