チャイナタウン(クアラルンプール)

日本とマレーシア以外のいわゆるチャイナタウンには行ったことがないので、クアラルンプールのチャイナタウンが他の国のものと比べてどうなのかはよくわかりません。

一つ言えるのは横浜の中華街のように大小さまざまの食べ物店が並んでいるというより、安い雑貨(偽ブランド品含む)の屋台がずらっと並んでいるのが特徴です。屋台だけを見ていると、各地でやっているナイトマーケットと売っているものは大差なさそうです。

ただし、チャイナタウンと言うとおり、ここはもちろんもとからの街があって、そこにはレストランやいろんなショップ、ホテル、真ん中には地元の人が通う市場があったり、歴史を感じる建物も多くて、見てまわる価値は十分あると思います。

私も何かを買うことはあまりありませんが、気軽に行ける場所なので何度もうろうろしている場所です。

チャイナタウンのガイドはたくさん出ているし、私は特に詳しいわけではありませんが、写真をいくつか並べておきます。


チャイナタウンの入り口、これは北側の門
これを突っ切った反対側にも門がある



夜のにぎわい

東の端を南北に走る通り(Jalan Sultan)沿いにはレストランが多い

ここのあさりソバにはまった人がいた
あさり多すぎ!
(Petaling Streetの北門の道を挟んだ向こう側、少しセントラルマーケット寄り)

小さな市場
魚屋や地元の人が食事する場所などがあったが、特におもしろそうなものはなかった
昼間覗いた限りでは不安は感じなかった
(この入り口は関帝廟のすぐ横)


こちらは入り口周辺にTATTOO(刺青)屋がいっぱい
入りませんでした
 
亀ゼリーの恭和堂
香港の店?
Petaling Streetの門のすぐ横、南北どちらの門の横にもある

アクセサリーや首飾りの材料を売っている店
高級ではないけどものすごい種類
中国からの輸入だろうか
(関帝廟の真向かい)


これは飾り付け用品専門店
店舗向けの業務用だと思う
こんな店がほかにもあった


モダンなカフェもある
休憩に最適


左下はレゲエ・バー(Reggae Bar)
ちゃんと酒が飲める店はこのあたりではここしか知らない
中華料理店はビールばっかりですからね
(関帝廟のある通り)

ウォールアート
残念ながら先日行ったら工事で無くなっていました


見えにくい場所だけど、こんなにカラフルにしている
ナシレマ(マレー系の代表的料理)ののぼりがあるのが面白い
マレーシア人は食べ物には貪欲で、民族なんか関係なく美味しいものを求める


街角で見つけたトラック
SPY LOGISTICSと書いてある
運送会社のようだが去年空港で暗殺事件があったこの国...笑えない(笑)

関連:KL観光はパサールセニ駅起点がおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です