マレーシアとの接点があった妖怪の小説

小説を書いた話をしましたが、この小説の件とマレーシアとは全く接点がないと思っていたら、一つだけありました。

「妖怪タケカンパケタ」というタイトルの短編なんですが、たぶんこれを見て最初に思うのは「何だその名前は?」ということでしょう。自分でもこんな名前を口にしたのは、半世紀以上生きていて間違い無くこれが初めてのことでした。

何でこんな名前を考えついたのかというと、考えたのではなく夢で見たんです。もう一年ぐらい前の夜に見た不思議な夢はこんな感じでした。

*******

私はなぜだか、大きな男の赤ちゃんを抱えて巨大なショッピングモールの中を早足で歩き回っていました。出口を探していたのか、どこかに繋がる通路を探していたのかは定かではありませんが、結構あせって行ったり来たりを繰り返しています。

走りたいのに、足が重くてなかなか動かなくてもがきながら、方向音痴の私はどうしても目的の場所を見つけられず、とうとう屋上のような場所に出て来てしまいました。

そこでウロウロしていると、壁というか何か土手のような背景の前に、茶色っぽいクマのぬいぐるみのようなものが立っています。

その前を通りかかった時に、抱えていた赤ちゃんが言いました。

「あ、タケカンパケタだ。◯◯◯をする妖怪だよ」

*******

私がそれに対して「へえ」と言った瞬間に目が覚めました。(◯◯◯はネタバレになるので伏せておきます)

こんなおかしな名前は目が覚めれば忘れているのが普通ですが、この時は聞いた直後に目が覚めて頭に残っていたので、「おもしろい」と思ってスマホにメモしておきました。

この舞台となったショッピングモールが日本だったのか、マレーシアだったのかははっきりしませんが、ショッピングモールで迷ってあちこち探し回るという経験は、間違いなくマレーシアでのものです。

KLのミッドバレーのメガモールや他のモールでも、目的の物を探したり、駐車場への出口を探し回ったりで、ヘトヘトになった経験は一度や二度ではありませんからね。

このタケカンパケタも、抱えていた男の子も、夢の中の雰囲気も、全く怖かったり邪悪な感じはなかったので、この「◯◯◯をする妖怪」を主人公に何か書いてみようとしてできたのがこの話です。

書く時には、ひょっとしたら何か以前に見たり聞いたりしたものが、突然思い出されてこの名前が夢に出て来たのかなと思ってネットで検索しましたが、Googleでの検索結果は全くのゼロでした。何も出ません。「◯◯◯をする妖怪」というのも見つかりませんでした。

錯覚だとはわかっていますが、今はネットの空間に存在しないものは実際にも存在しないような感覚を持ってしまいます。

それがこの小説を書いたことで、いま「タケカンパケタ」で検索するとヒットしますからとても不思議な感じがします。自分の手で妖怪をこの世に生み出してしまった!という感覚です。創作するというのは面白いものですね。

妖怪と言えば、マレーシアには妖怪や精霊の話がたくさんあるみたいですね。漫画家の水木しげるさんも、マレーシアの少数民族を取材して妖怪(精霊)の本を出しておられます。今回読んでみましたが、マレーシアの先住民の中には豊かな精霊信仰があるようです。

こんな経緯があるので、タケカンパケタはマレーシア生まれとは言わないまでも、何かマレーシアとのつながりを感じてきました。

それにしても何であんな夢を見たんだろう。あの赤ん坊が誰だったのかも謎です。

最近妖怪づいています


去年の暮れに初めて調布市の深大寺に行ったら、門前に「鬼太郎茶屋」というのがありました。水木さんは調布に長く住まれたようですね。調布市の名誉市民だそうです。


水木さんはよくニューギニアに行っていたそうで、その際にマレーシアにも立ち寄ることがあったと、90年代にマレーシアにいた頃に聞いた記憶があります。


水木さんとノンフィクション・ライターの大泉実成さんの「水木しげるの妖怪探検(文庫)」(単行本は「水木しげるの大冒険」という題)
94年にマレーシアのオラン・アスリ(先住少数民族)を訪ねて、精霊を探し求めた旅を綴ったもの。
現地の人との交流や精霊の話、水木さんが描いた30点の精霊の絵などが収められているが、実は旅を通して水木さん自身を描いた本だと思います。
水木さんの人柄や、妖怪のもとをたどっていくと精霊信仰につながる、といった話がとても興味深かったんですが、私はまだ日本が元気だったころの勢いが残っている文章もうれしかったです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です