シンガポール航空の安全ビデオ

もう去年から話題になってるようだし、たくさんの人が知っていることではありますがとても気に入ったのでご紹介します。

先月久しぶりにシンガポール航空に乗ってクアラルンプールに行きました。東京からの直行便より数時間余分にかかりますが、安いチケットがあったので。その機内で見た離陸前の安全ビデオがとても良かったんです。

以前はキャビンアテンダントが通路に立ってシートベルトや救命胴衣の使い方を説明してたあれです。最近はほとんどシートの背もたれのディスプレイでビデオを放映しますが、シンガポール航空ももちろんそうです。

最初気づいたのは骨董屋さんのような落ち着いた室内で、女性がアンティークのビーズサンダルを履くところ。

何をやっているのかと思ったら、離着陸時の注意事項を説明していました。「離着陸時は靴を履いて」というのをこのサンダルで説明。「荷物は頭上の物入れに」というところでは、アンティークの戸棚に荷物をしまうといった具合。ビデオを見返すとこの場所はプラナカン・ホーム・ミュージアムというところのようです。

場面は次々に変わりますが、いずれもシンガポールのおすすめ観光スポット。さすがに、シートベルト、酸素マスク、救命胴衣は実物を使ってますが飛行機の実物は一切出ず、唯一壁に書いた飛行機の絵が出るのみ。

全編ゆったりとした空気の流れを感じさせる映像と音楽でとても癒され、行きも帰りも見入ってしまいました。

「これじゃよくわからないじゃないか」とか「初めて飛行機に乗る人には不親切」といった声も聞こえそうですが、こういうことをさらっとやってしまう(さらっとではなかったかもしれないが)のには、常にエアラインランキングで上位のシンガポール航空、あるいはシンガポールという国そのものの自信と余裕を感じます。

(ビデオは以下でご覧になれます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です